今後が期待されるViacoin




Viacoinとは?

現在ではだいぶん仮想通貨への不信感も払しょくされてきましたが、以前は仮想通貨というと危ないものというイメージが強く残っていました。

しかし近年誕生している仮想通貨の多くはセキュリティ面でも信頼できるものが多くなっています。それはハッキングなどを回避するためにいろいろな対策が講じられているからです。

急速に注目を集めているも仮想通貨や投資家の資産を守るためにいろいろな対策を講じているものの一つです。

この記事では、Viacoinの3つの特徴について紹介します。

Viacoinの3つの特徴
  • PoWを採用してマイニングを行う
  • 分散型金融プラットフォーム
  • Binanceに上場されている

PoWを採用してマイニングを行う


Viacoinのような仮想通貨を多く手に入れるためには、マイニングが不可欠です。取引のチェックなどを行うことにより、仮想通貨を無料で手に入れることができるので、世界中の多くの投資家、企業がこぞってマイニングを行っています。

マイニングというとビットコインのそれがあまりにも有名ですが、Viacoinでもマイニングが行えます。しかもビットコインと同様仕事量に応じてマイニング量が増えていくので、大企業や多くの資産を持つ投資家などに有利になっています。

しかし今後どのようにViacoinが発展を遂げていくかわからないので、これからもViacoinに注目していく必要があるでしょう。

分散型金融プラットフォーム


Viacoinは金融取引を行えるプラットフォームとなっていますが、中央集権型ではなく分散型であるためリスクの低減につながっています。

というのは、中央集権型の取引はハッキングなどによって中央が被害を受けるとすべての取引に影響が及びます。

一方で分散型のプラットフォームであればある部分が破壊されてもその他の部分は生き残るので、リスクを最小限に抑えることができるのです。Viacoinはこうした危機管理がしっかりなされている仮想通貨ということができるでしょう。

Binanceに上場されている


世界には非常に多くの仮想通貨が流通していますが、取引所に上場されるのは信頼の証です。

Viacoinは世界でも人気を集めるBinanceに上場されており、すでに取引が行われています。1VIAあたり115円前後で推移していますが、今後さらに高騰する可能性もあるので、Viacoinから目が離せない状況です。

ただし今後の成長は、いかにViacoinが他の類似した仮想通貨との差別化を図れるかにかかっているといってよいでしょう。

Viacoinは他の仮想通貨と差別化出来るか

Viacoin (VIA) price, charts, market cap, and other metrics | CoinMarketCap

取引開始後の乱高下のあと2年ほどは低迷をし大きな価格変動もありませんでした。しかし、2017年頃から上昇し、仮想通貨市場全体の盛り上がりと共にまた乱高下を繰り返し、現在は落ち着きを取り戻しています。

Bitcoinをはじめとする仮想通貨の諸問題を解決する仮想通貨は、既に多く存在します。上記の通り、そのような類似の仮想通貨とViacoinとで差別化が図れるかが今後の発展を左右するのではないでしょうか

ロードマップは順調に進捗しており、取引所の拡大やウォレット管理アプリの安定版リリースなどが直近行われています。ある程度の整備は整っているようで、マーケティングにも力を入れはじめています。アップデート情報はTwitterやMediumの更新、公式サイトで手に入りやすいので今後の展開は読みやすく信頼できる情報をつかみやすいです。

今後更にロードマップの進捗が進むことを期待したいところです。

Viacoin主な取引所
  • Binance
  • Coinroom
  • Bittrex
  • Poloniex