VCTRADE仮想通貨取引所の持つ3つの特徴




 

VCTRADE仮想通貨取引所とは

VCTRADE仮想通貨取引所は、SBIホールディングス株式会社の100%小会社でもあるSBIバーチャルカレンシーズが運営している仮想通貨取引所のことです。2017年の9月に日本の金融庁に仮想通貨交換取引業者としての登録も完了しています。そんなVCTRADE仮想通貨取引所には以下の3つの特徴があります。

・SBIホールディングスグループ傘下
・Threshold-Sig技術を活用したウォレットを開発中
・手数料が安い

SBIホールディングスグループ傘下

VCTRADE仮想通貨取引所は先程も触れた通り日本が誇る大手企業の1つでもあるSBIホールディングスの100%子会社が運営している取引所です。

現在の日本では他の仮想通貨取引所もありますが、中には大手企業のような圧倒的な実績などを持たない会社が運営しているケースもあります。お金を運用する投資家にとってはそのような会社が運営をしていると、保証などについて不安に感じることもありますが、このVCTRADE仮想通貨取引所であればその不安を抱える必要は無いと言えます。

Threshold-Sig技術を活用したウォレットを開発中

VCTRADE仮想通貨取引所では、取引の安全性を高めるためにマネーロンダリング対策を行っていたり、仮想通貨のハッキングによる盗難を防ぐためにコールドウォレットやマルチシグネチャでの仮想通貨の保管といった取り組みを行っています。

しかも、それに加えて仮想通貨取引所におけるトランザクションやその他のオンラインコンテンツの保護を行うために、デンマークのSepior社が開発したThreshold-Sig Walletと呼ばれる独自の技術を活用した仮想通貨ウォレットの開発を始めています。この技術を使用したウォレットが完成すれば、より仮想通貨取引所としての安全性は高まることになるでしょう。

手数料が安い

VCTRADE仮想通貨取引所は取引における手数料が安いことも特徴として挙げられます。例えば、入金手数料は無料で、出金手数料も住信SBIネット銀行の口座を持っていれば、わずか51円で済みます。また住信SBIネット銀行以外の口座であっても、3万円未満の出金なら165円、それ以上でも258円のみです。

一般的な出金手数料は300円から800円ほどともされていることを考えるとこの安さが理解し易いでしょう。また実際の仮想通貨の売買手数料も0円で、スプレッド自体も業界で最低レベルの水準を保っていますので、多くの取引を行う投資家にとっては魅力的な取引所の1つだと言えます。