米国議会の下院議員Warren Davidson氏




1. Warren Davidsonってどんな人?

米国議会の会議員であるWarren Davidson氏は、大きくいえば仮想通貨がより米国で使いやすい存在となるように、働きかけを行っている人です。実際にどんなことをしているのかというと、仮想通貨に関連する法律を、他の議員と共に提出をする等です。Warren Davidson氏は米国議会で仮想通貨に関する新しい法律を定めるため、法案を提出したのです。

・仮想通貨の流通を促す法案の提出
・法案によって米国の経済をより活性化するねらい

仮想通貨はここ数年で急激に世界中に広まったものであることから、日本と同じように法整備がなされていないことも多いです。しかし、法整備がなされていないと、どうしてもどんなに便利なものであったとしても、企業では導入しにくくなりますし、国内での流通も少なくなります。世界的にスマート決済が主流になってきていることもあり、早めの法整備が求められています。

2.仮想通貨の流通を促す法案の提出

Warren Davidson氏は同じく米国議会の下院議員であるDarren Soto氏とともに、仮想通貨の流通を促すことを期待できる法案である「Token Taxonomy Act of 2018」を議会に提出しました。この法案の主な内容としては、仮想通貨やトークンを証券の定義から外すことです。現在の米国の法律では、1933年証券法と1934年証券取引所法に基づいて、仮想通貨やトークンを証券と位置付けています。

しかしそれだと、証券と同じだけの規制がかかってしまうので、企業がブロックチェーン技術を中々採用できない状態となっています。そこで、仮想通貨やトークンを証券の定義から外すことによって、企業がブロックチェーン技術を採用しやすい法案を提出したのです。ブロックチェーン技術が流通すれば、仮想通貨も流通しやすくなります。

3.法案によって米国の経済をより活性化するねらい

なぜ、米国において仮想通貨の流通を促すのかというと、それは米国の経済をより活性化させるねらいがあります。現在の米国では、仮想通貨の位置づけやルールが不明確なことによって、ブロックチェーン技術を利用した事業を展開しようとしている企業や起業家が米国離れをしているのです。つまり、せっかくの経済活性化のチャンスをみすみす仮想通貨の流通しやすい他の国に与えているという状態なのです。そこで、ブロックチェーン技術を用いた事業を展開しやすくすることによって、米国で新たに事業を起こそうと思う方を増やそうとしています。