Unrealcoinの現在価格や特徴などの基礎情報を解説




Unrealcoinの概要

Unrealcoinとは非中央集権化されており、かつオープンソースとして公開された仮想通貨になります。

2018年現在で世界に流通している量は最大供給量の7,024,402枚で、価格は1枚あたり約0.6円、時価総額は約450万円、ランキングは1576位となっています。

Unrealcoinの特徴

・非中央集権化されている
・オープンソースである
・コンセンサスアルゴリズムにPoWを採用している

非中央集権化されている

Unrealcoinの1つ目の特徴は非中央集権化されていることにあります。

そもそも中央集権の通貨とは仮想通貨を管理しているような中央にいる組織や人物に影響力が大きくなっている状況の通貨を指します。

例えば、日本国内においては日本円という通貨を日銀という組織が完全にコントロールできる状況にあります。これを中央集権化されている通貨と呼びます。しかし、Unrealcoinという仮想通貨はその中央集権という状況ではない、非中央集権化された通貨なのです。

具体的には中央の組織や人物などによって影響を受けづらくなっているという特徴がこのUnrealcoinにはあるのです。

オープンソースである

Unrealcoinはオープンソース化されているという特徴もあります。

オープンソース化とは、仮想通貨などのプロジェクトの開発などに関わっていないような人であっても、誰でもそのソースコードを閲覧したり、改善できるようにしている状況のことを指します。

このオープンソース化をしていることによって、いくつかのメリットが得られます。例えば、仮想通貨を保有している人の中でバグなどのトラブルを見つけた人がいた場合には、それを指摘したり、直接改善することが出来るということや現状よりも良くするための改善策を講じたりしやすくなるといったものです。

コンセンサスアルゴリズムにPoWを採用している

UnrealcoinはコンセンサスアルゴリズムにPoWを採用しています。

コンセンサスアルゴリズムとは、簡単に言うと仮想通貨を使う取引の中で不正かどうかを判断するための方法のことを意味します。そしてPoWとは、仕事量に基づいて不正かどうかの判断ができ、かつそれによって報酬が与えられるシステムのことです。

これをアルゴリズムとして採用することで、取引における改ざんなどのリスクが起きる可能性を抑えることができるというメリットが得られます。