Unobtaniumは極めて希少性の高いアルトコイン




Unobtaniumとは?

(アンオブテニアム)は25万通貨限定の希少性が高いアルトコインです。2013年10月13日に市場にリリースされていますが、その流通量の少なさで、事前のマイニングは行われていません。

Unobtaniumの特徴について

・際立った希少性のため低インフレのアルトコイン
・公正な配布でスタート、事前の採掘はなされていません!
・将来の社会に貢献すべく経験豊かなコミュニティが形成されている

際立った希少性のため低インフレのアルトコイン

Unobtaniumは発行量が25万通貨に限定されているために、発行過剰というインフレ局面の心配がない仮想通貨です。初めの配布はBitcointalkで事前に行われています。この様なアルトコインを開発した理由は、ダイアモンド程の価値のある仮想通貨を作りたかったからだと言われています。通貨としての完成度の高さと希少性が、後の市場で高い評価を得ると注目されています。またマイニングによる発行数もわずかなために、市場でのインフレ局面を迎えないという計算がなされています。

公正な配布でスタート、事前の採掘はなされていません!

初めの配布はBitcointalkで、まず1000ブロックをビットコインのマイナーに発掘させました。しかも報酬はかなり低い設定で、マイナーがノウハウを準備できるように時間を掛けて行わせています。これによって一部のマイナーが通貨を独占してしまうリスクを回避しています。また発行数上限になるまでに、300年間を掛けてじっくりと採掘される設定です。

発掘の際の演算量は膨大で、ビットコインの3倍もの難易度となる安全性が高いブロックチェーンを生成します。今リリースされて数年が経ちましたが、Unobtaniumは事前の採掘はなされていません!そのために、一部の投資家の間で高い人気を維持しているアルトコインになっています。際立った希少価値のおかげでコレクト性の高い宝石のように扱われているトークンなのです。

将来の社会に貢献すべく経験豊かなコミュニティが形成されている

Unobtaniumは開発者チームを中心として、今なお人類のためのブロックチェーン技術の開発を続行中です。開発者・スピーカー・仮想通貨の専門家・社会学者などの協力を集めて、フレンドリーなコミュニティによって進化しています

Unobtaniumを扱っている取引所

Unobtanium (UNO) price, charts, market cap, and other metrics | CoinMarketCap

2018年現在で国内取引所での扱はありません。そこでこのコインを購入したい方は、海外取引所のCryptopiaやCcexやBleutradeやCoin exchangeを利用してください。