Ultimate Secure Cashはどのような仮想通貨か?




Ultimate Secure Cashとは?

Ultimate Secure Cashは、2017年4月に公開された仮想通貨で、通貨単位は「USC」です。

ビジネスシーンでの活用が目的で、多くの仮想通貨がビットコイン的な基本的な機能だけの通貨であることに気づいた開発チームが、よりイノベイティブな仮想通貨を創出することを目指したものです。

仮想通貨の導入に積極的な企業にメリットを提供して、大規模なコミュニティへ成長させることを目標にしており、市場投入直後から高い評価を受けています。

Ultimate Secure Cashの3つの特徴
  • エンジェル投資家向け
  • PoS方式を採用
  • 多くの付帯機能

エンジェル投資家向け

Ultimate Secure Cashは、多くの機能を搭載し、そのサポート体制も整えており、仮想通貨をエンジェル投資家に利用してもらいたいと願っています

創業して間もない企業に資金を提供する際の基本の通貨となることが大きな目標です。出資者にとっても安全でスピーディかつ低リスクであり、企業側も最も厳しい初期のファウンディングに利用しやすいという通貨です。

PoS方式

Ultimate Secure Cashではアルゴリズムに「PoS(Proof of Stake)」を利用しています。

多くのコインを長く保有している人ほどマイニングに成功しやすいという承認システムであるため、大規模なシステムや電力を大量消費することなく、ブロックチェーンを生成することが可能になっています。仮想通貨で問題視されている「51%攻撃」への抵抗力も強く、スピーディにブロックを承認させることが可能です。

Ultimate Secure Cashでは暗号化にScryptアルゴリズムを採用しており、承認は60秒ごとに設定されているため、素早い転送が可能です。

51%攻撃とは?
51% 攻撃とは悪意のあるグループまたは個人により、ネットワーク全体の採掘速度の 51%(50% 以上)を支配し、不正な取引を行うことです。ひとつのノードが全体の計算能力の過半数を支配すると、(1)不正な取引の正当化 (2) 正当な取引の拒否 (3) 採掘の独占を行うことが可能となります。現在 51% 攻撃に対する有効な対策はありません。
51% 攻撃とは | 仮想通貨ビットコイン(Bitcoin)の購入/販売所/取引所【bitFlyer(ビットフライヤー)】

多くの付帯機能

Ultimate Secure Cashでは、利用者にメリットの高い機能を搭載しています。

安全性の高いステルスウォレットや、プライバシー保護に強いプライベートメッセージ機能などです。仮想通貨のやり取りで問題視されることの多い「外からのアタック」へ出来る限りの体制を整えておこうという公式の意図を感じさせます。

Ultimate Secure Cashの将来性

Ultimate Secure Cashは市場に投入されたときから、すでに高い評価を受けています。

とはいっても仮想通貨ですので、他の通貨の相場と連動する傾向があり、ビットコインが大きく下落するときに釣られて価格を下げることがあります。約50%近くも下落して最安値を記録しています。ただ、価格はすぐに戻っており、市場関係者からの評価の高さをうかがわせます。

Ultimate Secure Cashは他の仮想通貨と差別化出来るか?

Ultimate Secure Cash (USC) price, charts, market cap, and other metrics | CoinMarketCap

取引開始は2017年です。取引開始直後から大きな価格変動が見られます。2018年初頭に最高値をつけ、その後ゆるやかに下降していきました。

セキュリティ面が強い仮想通貨は需要があり、今後もその傾向は変わらないでしょう。ただし、同様の仮想通貨は多数あるため、頭角を現せるかどうかが重要になっています。今後の動向に注目です。

Ultimate Secure Cashの主な取引所