仮想通貨Triangles とは




Trianglesとは?

(トライアングルズ)はオープンソースを利用した仮想通貨の一つで、仮想通貨の中でも歴史のある通貨として知られています。供給量が少ないため、レアな仮想通貨ともいわれています。そのためインフレリスクが極めて小さい仮想通貨であり、安定性が高い通貨です。

Triangles(トライアングルズ)の特徴
  • ノードになることで報酬が自動的に支払われる
  • 供給量が少ない分インフレに強い
  • PoSによる高度なセキュリティシステムの保護

供給量が少ない仮想通貨

Triangles(トライアングルズ)の特徴の一つはP2Pを利用したマスターノードによる取引の監視が行われることです。しかもTriangles(トライアングルズ)のノードになることにより、高い報酬が支払われるため、投資対象としてトライアングルズを選択する投資家は少なくありません。

難点としては供給量が少なく、最大12万硬貨分しかないため保有できる仮想通貨量が限られていることです。

Triangles(トライアングルズ)は供給量が非常に少ないため、マイニングによる発掘は事実上できません

その代わり取引の安全性が高いPoSを採用しています。仮想通貨の取引上のリスクになるのが不正アクセスなどの問題ですが、Triangles(トライアングルズ)は高度なセキュリティシステムを実装していることから、外部からの侵入がしにくく、盗難などの心配は非常に低くなっています。

供給量が少ないことによる影響は初心者が投資対象として選択するにはハードルが高いことです。

インフレリスクが小さい

Triangles(トライアングルズ)を所有するメリットはインフレリスクが小さいことです。

一般的な通貨を始め、仮想通貨もインフレの影響を確実に受けます。インフレが急激に進むと、所有している通貨や仮想通貨はすべて紙きれのようになってしまうことさえあります。

インフレが起こる原因として、物価上昇に合わせて通貨をより多く供給することが関係するわけですが、Triangles(トライアングルズ)はもともと供給量に上限があるため、一般的な通貨のようなインフレリスクはほとんど影響しないと考えてよいでしょう。

オープンソースを利用

Triangles(トライアングルズ)の利点はオープンソースを利用していることです。オープンソースのメリットは、だれでも参入ができることにあります。先ほど初心者が取得するにはリスクが大きいということを述べましたが、Triangles(トライアングルズ)はある程度仮想通貨についての知識があり、取引経験があるのであれば、これから始めてTriangles(トライアングルズ)を取得する際に大きなアドバンテージになります。

Trianglesの将来性

Triangles (TRI) price, charts, market cap, and other metrics | CoinMarketCap

取引開始は2014年と比較的歴史のある仮想通貨です。取引開始から2017年前半まで一時的な価格の乱高下がありましたが、この数年間は全体的には低価格のまま推移していました。2017年後半に入ると、仮想通貨全体の盛り上がりと共に一気に価格が高騰します。2018年初頭には最高値を記録しました。その後、価格は下降していきますが、取引開始時よりも高値をキープしています。

ビットコインの弱点を克服した仮想通貨は多く存在し、それらの中には機能の差別化やマーケティング活動が出来ずに衰退していくものも多くあります。Trianglesが今後更に飛躍するには、より魅力的な機能を搭載したり、コミュニティを巻き込んで多くのファンを獲得していくことかもしれません。

Trianglesの主な取引所