旅行用に使いたいToaCoin




ToaCoinとは?

ToaCoinとは、旅行サービスでの利用を目的とした仮想通貨です。

提携しているホテルや旅行代理店などで利用できる暗号通貨で、割引の特典が受けられたり、ToaCoinでのみ支払いが出来るカフェをオープンさせたりと、他の仮想通貨と比べても特殊な利用方法であるといえます。

この記事では、ToaCoinの3つの特徴について紹介します。

ToaCoinの3つの特徴
  • 旅行産業が使うことを目的とした仮想通貨
  • コイン保有者は旅行をする時の特典を受けられる
  • 東南アジア圏を中心に次第に実利用範囲が広がっている

旅行サービスの決済を目的として作られている仮想通貨

仮想通貨は基本的な構造や技術的特徴が似通っているとしても、それぞれに個性があり特定の目的を持っていることが多いものです。

その点でこのToaCoinは、他の仮想通貨にはない独自の特徴を持っていると言えるでしょう。ToaCoinは主に旅行サービスを利用するために作られているのです。ここまで分野を絞って利用範囲を限定している仮想通貨は少ないので、個性的なコインとして注目されるものとなっています。

世界中から観光客が来る時代となっていますので、為替ルートなどに縛られない仮想通貨の利用はとても理にかなっていますし、旅行サービスを提供する企業としても、決済手段をシンプルにできるため非常に助かるシステムとなります。

ステークホルダーに旅行サービスの特典を与えるコイン

ToaCoinは、単に旅行サービスの決済に使えるというだけでなく、コインを持っていることで特典を受けられるというメリットを与えます。

ToaCoinを持っている人には、カフェやホテルでの割引や、サービスの追加などの特典が割り当てられることになり、コインを持つモチベーションとなります。旅行前に通常通貨をToaCoinに変えておくことで、旅行特典を確保し、それを使って旅行をより楽しめるようになるという魅力があります。

もちろん、為替手数料を減らして実際の旅行での決済を楽にするという利点もありますので、旅行者にもサービス提供者にも魅力的なコインと言うことができるでしょう。

実際の利用ができるところも多くなっている

多くの仮想通貨は、投資目的での購入や売却が多く、マーケットでは取引が多いものの、実世界ではほとんど使われていないというケースが見られます。実店舗で仮想通貨を受け入れているところが非常に少ないというのが、その一つの理由でもあり、仮想通貨が普通の生活に浸透しない理由ともなっています。

しかし、ToaCoinにおいては徐々に実利用できる場所が多くなっています。

特に東南アジア圏内では、ToaCoinを使って支払いができるカフェやお店、代理店が出てきていて、旅行サービスをより簡単に利用できる仕組みを取り入れています。現実の決済で普通に使えるようになれば、価値も安定してより使いやすくなりますので今後の発展に注目です。

ToaCoinでのみ支払い可能なカフェ
TOAハーブカフェとは?

ToaCoinは旅行業界のスタンダードになりうる?


2017年に公開し、素早い取引所上場を目的に1〜2週間固定価格で販売されていましたが、現在は解除されています。多少の乱高下がありますが、確実性のある値上がりをみせています。目標価格は1米ドルとしています。

旅行サービスに特化した仮想通貨なので、使用用途も限られ非常にニッチな仮想通貨ではありますが、だからこそ旅行業界のスタンダードしてシェアを独占できる可能性もあります。

2018年第3クオーターでは、オンラインの旅行代理店をオープンさせる予定もあり、東南アジア圏ではカフェや旅行代理店での取り扱いも徐々に増え始めています。今後日本での展開も十分期待出来るのではないでしょうか。