効率よくベイキングを行えるサイトTezos Chef




Tezosには「ベイキング」という、Bitcoinのマイニングに似た、無償でTezosを入手する手段があります。

ベイキングはマイニングよりも簡単に参加できますが、それでも多くのTezosを手に入れるためには効率よくベイキングをしなくてはなりません。

そのために今回は Chef」というサイトを紹介します。

Tezosのベイキングとは?


ベイキングとはTezosでブロックチェーンを承認する作業を指します。

Bitcoinは取引が正当かを決めるコンセンサスアルゴリズムとしてPoW(Proof of Work)を採用しており、マイニングという作業を通してより多くの計算をした人が取引の承認権を得て報酬を獲得します。

そのためマイニングで報酬を得るには多くの計算をこなす高性能のマシンと、マシンを動かすための莫大な電気代が必要となり、個人でマイニングへ参加するのがとても困難になってしまいます。

一方TezosはPoS(Proof of Stake)というコンセンサスアルゴリズムを採用しており、トークンさえ持っていればベイキングに参加可能となるため、マイニングよりも個人での参加がしやすくなっているのが特徴です。

TezosはBitcoinやEthreumの問題点を克服するために開発された仮想通貨であり、マイニングのよくないところも補っているのです。

ベイキングの問題点とは?


しかしベイキングもいいところばかりではありません。

ベイキングに参加するためにはコンピュータをいつでもオンラインにできる環境と10000tezを用意する必要があるのです。

例えばサラリーマンの人などはいつでもコンピュータを点けっぱなしにするわけにもいかないので、副業などのつもりでTezosへ投資する人にはマイニングへ参加するのは難しくなります。

コンピュータをずっとオンラインにしておくと、セキュリティ面を不安に思う人もいるでしょう。

また現在1tez=40円ほどなので、10000tezを用意するには40万円もかかってしまいます。

これは初期投資と割り切るにも決して安い価格ではなく、ベイキングへ参加するハードルを高くしてしまっています。

Tezos Chefとは


Tezos Chefはそんなベイキングへ参加するハードルを低くする「デリゲート」というサービスを提供しています。

Bitcoinは個人でのマイニングが難しい代わりに企業へ出資してマイニングを代行してもらうクラウドマイニングなど、複数人でマイニングを行う方法があるのですが、Tezos Chefのデリゲートはプールマイニングという、複数人で分担してマイニングをする方法によく似ています。

Tezos Chefはプールマイニングのようにマイニングへのマシンパワーを分担するように、ひとつのベイキングに必要なTezosを複数人で分担する方法を提供します。

例えばある人は14000tez持っていて、ある人は6000tezを持っているとき、個人では14000tezを持っている人しかベイキングに参加できませんが、Tezos Chefを使うことで2人共ベイキングへ参加できるようになります。

加えてTezos Chefはベイキング報酬の7.5%を手数料として持っていく代わりに、セキュリティ面も万全な、安全なベイキングをすることができます。

ベイキングは個人でも行うことができますが、今後はTezos Chefのようなデリゲートサービスを使用してのベイキングが一般的になることとなるでしょう。

スムーズなベイキングが浸透することで、Tezosの価格にもいい影響を与えるのではないかと考えられます。