手軽に利用できるWallet Bakechainについて




この記事のポイント

・Tezosのブロックチェーンの中にブロックを生成できるシステム
・Tezosのノード運営する必要はなし
・シンプルでセキュリティ対策もしっかりしている

BakechainとはどのようなWallet?

TezosはICOで多額の資金調達に成功したということで注目を集めました。このTezosのトークンを管理できるウォレットはいろいろと出てきています。その中の一つにBakechainがあります。BakechainはWalletのほかにも、Tezosのブロックチェーンの中にブロックを生成することが可能です。マルチプラットフォームのデスクトップアプリを手軽に利用できます。複雑なコマンドなしでも活用できるとして、一部仮想通貨投資家の間で関心を集めています。

BakechainとはGoogleによって運営されているAngularやエレクトロンなどのようにオープンソース技術を使って発展しました。このソフトウェアの特徴として、「ライト」な顧客をターゲットにしています。ライトとは、Tezosのノードを保有して運営する必要がないという意味です。その代わりにTezRPCによって供給される公共のインフラを利用する形になります。

Bakechainの特徴とは?

Bakechainの特徴として、だれでも使いやすく、安心して利用できる点があげられます。まずTezosの中にブロックを簡単に生成できます。複雑な手続きをすることなく、仮想通貨の中でもトップレベルにシンプルな作業で行えます。一方で、セキュリティ対策もしっかり念頭に入れて開発されています。このシステムを利用するにあたって必要な秘密鍵は暗号化されているので、たとえ第三者がインターセプトしてしまってもその情報を解読することは不可能です。皆さんの持つコンピューターデバイスの中で秘密鍵は管理されるため、こちらを盗まれる心配もないでしょう。

Bakechainはベーカーになってソフトを使っていろいろなアプリを提供することが可能です。一種のオンラインマーケットのような空間になっています。この中に出ているソフトやアプリについては、自由にチェックできます。そしてもし評価できるアプリやソフトがあれば、そのパフォーマンスを強化するための援助もネットワークを通じて自由に行える仕組みになっています。現在でもこちらのシステムはアップデートを行っていく予定だといいます。その最新情報はSNSにて発信していくそうなので、興味のある人はチェックしてみるといいでしょう。