TezosのLPoSのシステムとその報酬とは




 

仮想通貨では保有する仮想通貨の量を増やすマイニングという方法があります。しかしマイニングといっても種類があり、大きく分けてProof of WorkとProof of Stakeの二つです。この中でTezosが使っているのはProof of Stakeという方法で、しかもより限定されたLPoSというシステムが採用されています。ではTezosのLPoSのシステムとはどんなものでしょうか。またその報酬とは何でしょうか。

・TezosのLPoSはリースによって報酬が得られるシステム
・TezosのLPoSのシステムにはメリットが多い
・LPoSで得られる報酬とは

TezosのLPoSはリースによって報酬が得られるシステム

TezosのLPoSのシステムについて知るためには、まずProof of Work(PoW)とProof of Stake(PoS)の違いを知る必要があります。PoWとは仕事をした量に応じて報酬が支払われるというものです。ビットコインなどがPoWを採用しています。ブロックチェーンを構築する中で膨大な計算処理が行われますが、その計算処理を手伝った場合にその仕事の量に応じてビットコインが付与されるのです。その一方でPoSは仮想通貨を保有している期間に応じて報酬が支払われます。保有している期間が長ければ長いほどより多くの報酬がもらえるのです。TezosのLPoSのシステムの報酬とは、Lease Proof of Stake、つまり他者に仮想通貨をリースすることによって得られるものということになります。

TezosのLPoSのシステムにはメリットが多い

このTezosのLPoSのシステムにはいくつかのメリットがあります。まず誰かに仮想通貨を貸すことで報酬が得られるので、パソコンをずっとつけておく必要がありません。仮想通貨を貸し出せば自分のパソコンは起動していなくても、第三者のウォレットに仮想通貨が入っていることで報酬が得られるからです。さらにPoWとは異なり、PoSは仮想通貨を持っていればできるので、大規模なコンピュータシステムがなくても問題ありません。個人が行えるマイニングとしてPoSは非常に有効なのです。

LPoSで得られる報酬とは

当然ですが、TezosのLPoSによって得られる報酬とはTezosということになります。ただしPoWとは違って持っているだけで報酬が得られるので、もらえる仮想通貨はわずかです。それでも保有期間が長期になればなるほど得られる報酬が高くなるので、ぜひ今後マイニングをする際の参考にしてください。