Tezosの大学や研究所への助成とその拡大状況は




 

近年世界中で注目を集めている仮想通貨の一つがTezos()です。ICOはすでに終了しており、今後上場された後どのように価格が高騰するかが投資家たちの話題になっています。Tezosは他の仮想通貨のように開発チームだけが新たなサービスを作り上げているだけではありません。他の技術者の協力を得ようともしている点で他の仮想通貨と大きく異なっています。Tezosの大学や研究所への助成によって、より多くの研究者がTezosに貢献しようとしているのです。ではTezosの大学や研究所への助成の拡大状況について見ていきましょう。

・Tezosの大学や研究所への助成は始まったばかり
・Tezosの大学や研究所への助成の拡大状況
・Tezosについては懸案もある

Tezosの大学や研究所への助成は始まったばかり

Tezosの開発を支援しているTezos財団は、大学や研究所への資金援助をすることによってブロックチェーン技術とスマートコントラクトの開発を促進することを発表しました。現在のところこの助成金は米国のコーネル大学、ポルトガルにあるベイラ・インテリオール大学、米国イリノイ大学アーバナ・シャンペーン学校、フランス国際情報オリンピックの4つに提供されています。これらの大学や研究所では、すでに仮想通貨に関わる重要なプロジェクトがいくつか進行中で、Tezos財団としてはそうした技術を後押しすることで仮想通貨Tezosの認知度を上げたり、価値を高めたりしたい意向があります。

Tezosの大学や研究所への助成の拡大状況

Tezos財団はこれら4機関以外への助成金についてはまだ言及していません。またこれらの4機関にどのくらいの資金を提供するかも明らかにはなっていません。しかしもしプロジェクトが順調に進み、Tezosへの実装が可能であることが明らかになれば、さらなる助成金が支払われる可能性はあります。さらにこの4機関以外にも価値ある研究が進められているのであれば、別の団体・機関にも助成が拡大していくことも否定はできません。

Tezosについては懸案もある

このように順風満帆に見えるTezosですが、現在開発者の間で内紛が起こっているという情報もインターネット上には見られます。これから仮想通貨Tezosへの投資を考えている方は、この内紛の行方もよく見守り、確実に安定した開発が続けられるという確信を得てから資金を投入するようにしましょう。Tezosは新しい仮想通貨ですから、慎重に投資を検討してください。