ビットコイン(SV)専用のCashPay Walletを開発したCashPay Solutionsとは




この記事のポイント

1.CashPay Solutionsが発行するビットコインキャッシュ専用のCashPay Walletとは
2.CashPay Walletは何故ビットコイン(SV)を推しているのか
3.SharkPoolとの関連性

1.CashPay Solutionsが発行するビットコインキャッシュ専用のCashPay Walletとは

CashPay Solutionsはアメリカ発のビットコインキャッシュ専用のCashPay Walletを発行している会社です。CashPay Walletを利用すれば、オンライン上のあらゆるお店で、ビットコインキャッシュを使ってショッピングをする事ができます。CashPay Walletのプラットフォームを利用すれば、クリックするだけで、ショッピングだけでなく寄付もする事ができるので、手軽に現金を扱う事ができるので人気が出ています。こちらのWalletはiOSとAndroidの両方に対応しているので、ほとんどの機種で、CashPay Walletのアプリを使用する事ができます

2.CashPay Walletは何故ビットコイン(SV)を推しているのか

なぜCashPay Solutionsはビットコイン(SV)専用のWalletを発行したのでしょうか。その理由として、CashPay Solutionsが、サトシナカモト氏が掲げたWhite Paperに忠実であろうという姿勢があります。CashPay Solutionsは最初にエンドユーザーがどこでもビットコイン(SV)で支払いが出来る様にしようと、SV専用のオンライン小売業者crptonize.itを開設しました。その後、現金としてビットコインが利用される様になるためには、ボラティリティーの問題の解決が必要で、この問題を解決してCashPay Walletが誕生したと公式サイトで説明しています。CashPay Solutionsはサトシナカモト氏のWhite Paper、「A Peer-to-Peer Electronic Cash System」の精神に乗っ取って開発をしていきたいという理念があり、それがCashPay Walletへと繋がったのです。

3.SharkPoolとの関連性

2018年11月にアルトコインの空ブロックを集中してマイニングすることで、ビットコインキャッシュに換金できるSharkPoolが話題になりました。このSharkPoolの親会社はCashPay Solutionsで、SharkPoolがアルトコインを攻撃する背景には、彼らが理想とするビットコイン(SV)の普及を念頭に入れている事が伺えます。