SuperCoinとは何か?




SuperCoinとは?

SuperCoinは2014年5月に公開された仮想通貨で、通貨単位は「SUPER」を使っています。

多くの機能を備えた通貨として注目されており、数多くある「草コイン」などと呼ばれる知名度の低い仮想通貨のなかでも、頭ひとつ抜けた存在となることが期待されています。

この記事では、SuperCoinの3つの特徴について紹介します。

SuperCoinの3つの特徴
  • PoWとPoSを採用
  • P2P分散型ウォレット
  • マルチシーグ技術

PoWとPoSを採用

仮想通貨で新規通貨の発行を受けるには、マイニング作業に参加する必要があります。そのとき、PoW(Proof of Works)は、主にビットコインなどで使われる検証方法で、これは高性能のマシンであるほど有利です。

一方のPoS(Proof of Stake)ではマシンの性能にはあまり関係なく、その通貨の保有量に比例して新規発行されるというものです。SuperCoinではこの2つのマイニング方法を併用して検証作業を行っています。

P2P分散型ウォレット

SuperCoinが採用しているのは、Trustless Walletという完全に分散化されたシステムです。

すべてのユーザーが等しく情報を保持できて、集中管理する特別な存在はいません。コインを送金するときには、ランダムに選択された中間ユーザーの助けを借ります。すべての関係者が正しく行動しているか監視できるように設計されており、不正行為をしようとすると、不正行為の報酬よりも多くを失うように作られています。

マルチシーグ技術

SuperCoinでは強固な匿名性を持つマルチシーグ技術を採用しています。2つの中間ユーザーを無作為に抽出して、コインの転送に寄与するというシステムです。匿名性を高めつつ、セキュリティにも配慮しているのがSuperCoinの特徴です。

SuperCoinの将来性

SuperCoinはこの他、多くのオリジナルで高度な機能を備えた仮想通貨で、今後の成長が期待されています。

仮想通貨の銘柄には、公式サイトはオープンしているのに市場に投入された途端にまったく動きがなくなってしまうものも多くあります。SuperCoinは公式も積極的で、自分たちの開発した通貨をより多くのユーザーに使ってほしいという意図を感じさせます

仮想通貨に大きな動きがあったのは2017年です。SuperCoinも2017年11月に開始時の30倍の最高値をつけました。その後は徐々に下落に転じていますが、今後の動向次第では上昇する気配があると言われています。日本の取引所では入手できない通貨ですので、購入では海外の取引所を使いましょう。

SuperCoinはコミュニティをチェック

SuperCoin (SUPER) price, charts, market cap, and other metrics | CoinMarketCap

取引開始は2014年です。取引開始後は大きく高騰しましたが、その後数年間は大きな値動きもなく推移していました。しかし、仮想通貨全体の盛り上がりを見せた2017年頃から再度高騰し、一時は取引開始の30倍の価格をつけました。現在は、取引開始直後や2017年ほどではなく下落傾向ではありますが、多少の値動きが見られます。

上記でも触れましたが、SuperCoinはコミュニティが活発化しています。公式サイトにロードマップ等の公開・更新はありませんが、今年5月頃からTwitterで更新がされるようになりました。SuperCoinの理解を深めるには、Twitterの更新のチェックをおすすめします。

SuperCoinの主な取引所