スマホで簡単操作のできるWeTezWallet




この記事のポイント

・Tezosのブロックチェーンに対応したアプリ
・AndroidでもiOSでも対応している
・セキュリティ対策も念入りに

TezosのWalletとして利用できる

Tezosは2017年のICOで何百億もの資金調達に成功し、注目を集めました。その後いろいろとあったのですが、2018年にベータネットの効果が行われ、正式始動するのは時間の問題といえます。Tezosに対応したWalletもいくつか出てきていて、その中の一つがWeTezWalletです。WeTezWalletは、デジタルウォレットアプリのことでインストールできれば、スマホでも簡単に取引が可能です。外出先でもチェックでき、必要に応じて購入手続きも進められます。ちなみにWeTezWalletでは、AndroidでもiOSでも対応しています。ですから日本国内のスマホユーザーであれば、ほとんどの方が利用可能でしょう。

安全性にも配慮したアプリ

WeTezWalletは、今まで以上にセキュリティ性の高いウォレットになったと評されています。プライベートの秘密鍵を使って売買されるため、第三者が不正にインターセプトしても暗号化されているので解読はできません。つまりほかのだれかがなりすましで皆さんのコインを利用することはないでしょう。セキュリティレベルを万全にしている一方で、取引はシンプルな仕上がりになっています。簡潔なスキャンニングで送金できるので、手続きをする際にストレスを感じることは少ないでしょう。

委任もワンボタンでOK

Tezosでは委任をすると、報酬をもらえるシステムになっています。WeTezWalletでは、簡単にこの委任サービスに参加できるようなスペックになっています。委任ボタンがスマホの画面上に出てくるので、この部分をタップします。そうすれば、委任手続きは完了です。ちょっとした時間を使って手続きできますし、操作性にも優れています。

このWeTezWalletですが、一つのアカウントで複数のウォレットを所持することも可能です。プライベート用とビジネス用のような感じで、用途別にウォレットを使い分けることもできます。ホームページの左上にあるボタンをタップします。すると「Create Wallet」というボタンが出てくるのでこちらを再度タップしましょう。そうすれば、作業の指示が画面に出てくるのでそれに従って手続きを進めれば、ウォレットの新規作成も完了です。