スマートコントラクトとTezosについて




仮想通貨が最近話題になっていますが、みなさんは、スマートコントラクトという言葉を聞いたことがあるでしょうか?直訳すると、スマート(=賢い)なコントラクト(=契約)となりますが、スマートコントラクトとは、簡単に言うと、契約をコンピューター上で自動的に行うことです。

既存の仮想通貨には、ブロックチェーンという技術が使われています。スマートコントラクトは、このブロックチェーンよりも先に提唱されています。90年代にSzaboという暗号学者によって提唱されました。

また最近では、(テゾス)という言葉が注目を浴びています。Tezosとは、自己修正型暗号台帳のことを言い、仮想通貨で使われているブロックチェーンの技術を更に発展させたものです。では、Tezosとは、そして自己修正型台帳とは、一体どのような仕組みなのでしょうか。

詳しく説明していきます!

スマートコントラクトって?

ずばり、契約の自動化のことです。

私たちは、取引をするときに、契約書を書きますよね。住所と名前を書いて、印鑑を押すといった具合に。それが自動化されるのです!なおここでのコントラクト(契約)とは、書面で作成された契約のみを指すのではなく、取引行為全般のことを指します。

冒頭で紹介したSzaboという暗号学者は、スマートコントラクトの例として、自動販売機を例に挙げました。

私たちが、自動販売機で飲み物を買う時の場面を思い起こしてください。お金を投入して、飲みたい飲み物のボタンを押して、飲み物を獲得しますよね。

「購入者が必要な金額を投入する」、「特定の飲み物のボタンを押す」という二つの条件が満たされた場合にのみ、自動的に「特定の飲み物を購入者に提供する」という契約が実行されることになります。

つまり、スマートコントラクトとは、取引や契約の条件と内容をあらかじめ決めておき、決められた条件と一致した行為が発生すると、自動的に取引や契約が行われる仕組みなのです。

スマートコントラクトのメリットは?

では、スマートコントラクトにはどのようなメリットがあるのでしょうか。

例えば金融業界でスマートコントラクトの技術を応用するとします。

これまでは、金融機関が、取引をする人たちが信頼できるかどうかを確認し、保証していました。また、金融業界には契約やルールを確実に処理することが求められました。

今後、スマートコントラクトの技術を応用すると、金融業界がやっていた信頼性の確保や、決められたルールに則って行う取引の処理が、自動化できるようになります。そうすることで、取引にかかるコストが安く済むといったメリットがありますし、金融機関を仲介にしないサービスが増加すると思います。

また、今まで金融業界が行っていた取引対象者の信頼性の確認についても、自動化を導入することで、取引対象者の虚偽の申請といった行為を防ぐことができると思います。

スマートコントラクトが普及することで、金融機関や通貨の役割が変わってくるかもしれません。

Tezosについて

スマートコントラクトに関連した技術にTezosがあります。

既に仮想通貨で使われているブロックチェーンという技術は、分散型台帳とも言われており、既存の中央銀行を介さない仕組みとなっています。そのブロックチェーンを更に発展させたものがTezos なのです。

Tezosとは、自己修正型暗号台帳のことを言います。また、ギリシャ語でスマートコントラクトを意味するそうです。

Tezosは、仮想通貨で使われている既存のブロックチェーン技術の課題を解決する目的で開発されており、既存のブロックチェーンとは違う新しい仕組みなのです!

ビットコインをはじめとした既存のブロックチェーンは、システムの修正時にアップデートを必要とします。アップデートの際に、以前のバージョンとの互換性を持たないハードフォークというアップデートを行っており、その結果、新旧2つのバージョンの仮想通貨が存在するという事象が発生しました。

 これに対してTezosは、ソフトフォークというやり方でのアップデートを目指して開発されています。これは、アップデートがあったとしても互換性が保たれているため、新旧2つのバージョンの仮想通貨が発生することが無い仕組みとなります。

以下の表では、ハードフォークとソフトフォークの特徴を簡単にまとめています。

  ハードフォーク ソフトフォーク
目的 ブロックの容量拡大 ブロックに入れるデータの縮小
ブロックの分岐(フォーク) 永久的 一時的
互換性 なし あり

Tezosとは、自己修正型暗号台帳のこと

既存のブロックチェーンは、限られた一部の人がアップデートに携わっていました。

それに対してTezosでは、金銭的インセンティブを設けることで、システムの修正といった機能を、より多くの人が行えるようにしました。これによってシステムを修正しようとする動機が発生しやすくなります。

また前段でも説明したとおり、新システムと旧システムの分裂を発生させずに修正することができるのも、Tezosの特徴なのです。

これらの特徴により、Tezosは自己修正型暗号台帳と言われています。

まとめ

ここまで、スマートコントラクトとそれに関連したTezosについて説明してきました。

普段仮想通貨に興味が無いと、なかなか聞き慣れない言葉だったと思います。

今まであまり興味が無かった人も、今後は少しでも興味を持って、スマートコントラクトやTezosの動向に注目していきましょう!