スマートコントラクトを土台にしたMyWishなどのアプリは益々増大傾向




この記事のポイント

1.MyWishの登場で、スマートコントラクトの需要が益々増大か
2.スマートコントラクトとは何か?
3.あらゆる方面で適用され始めているスマートコントラクト

1.MyWishの登場で、スマートコントラクトの需要が益々増大か

従来の契約というと、紙やPDF媒体で行われ、かつ仲介者が存在するというのが一般的でしたが、MyWishは、ブロックチェーンの技術を利用して、紙やPDFの媒体や仲介者を必要とせず契約をすることができるアプリケーションです。

MyWishの中でも、ビットコインやイーサリアム、NEOなどのブロックチェーンを利用したスマートコントラクトである、Digital Will(電子遺言書)が有名で、Digital Willなら、被相続人が亡くなったら、予め契約に基づいて相続の手続きが実行されます。Digital Willのおかげで、相続の際に起こりうる相続人同士の争いを未然に防ぐことができますし、ブロックチェーンの技術を利用しているので、相続内容の改ざんや隠蔽などのリスクを大幅に減らすことが出来るというメリットがあります。また、MyWishでは、ブロックチェーンの技術を利用するのに難しいコーディングの知識が不要なので、手軽にスマートコントラクトを利用することが出来るという特徴もあります

2.スマートコントラクトとは何か?

スマートコントラクトとは、仲介者を通すことなく、条件に合致すれば予め決められていた契約が実行される仕組みです。つまり、「もしAならば、Bを実行する」という条件に合致した状態になると、自動的に契約が履行される仕組みがスマートコントラクトです。スマートコントラクトであれば、煩わしい売買条件などの手続きを踏む必要がなく、最初に条件などの詳細を決めておけば、あとは放置をしていても大丈夫という手軽さがあります。手軽だけれどもブロックチェーンの技術を利用しているので、世界中の誰もが契約内容をチェックすることが出来るという透明性があるので、契約の改ざんなどのリスクを大幅に減らすことができます。また仲介手数料が必要ないのでコスト削減になりますし、スピーディーに契約が実行されるので時間の短縮にもなります。

3.あらゆる方面で適用され始めているスマートコントラクト

例えば不動産取引でもスマートコントラクトが利用されてきており、条件が揃えば自動的に登記の移転が行うことができます。スマートコントラクトであれば、ボーダレスで時間を気にせず、しかも安全に契約を実行されるので、益々需要が増大することが期待されています。