スマートコントラクトに対する課題と期待




ビットコインのブロックチェーンの広がりによって、近年新しい契約システムとして提唱されているスマートコントラクト。

ガバナンスの自動化やそれによる開発者コミュニティの利便性の向上が期待されています。

スマートコントラクトとは

『そもそもスマートコントラクトとは何なのでしょうか?』

スマートコントラクトとは直訳すると自動化(スマート)と契約(コントラクト)であり、つまり『契約の自動化』のことで、1994年アメリカの法学者ニック・サボ氏によって提唱されました。

普通、物やサービスを提供する開発者コミュニティと消費者が契約を結ぶ際には両者の不正を防止するガバナンスのために第三者機関を介しています。

ブロックチェーンを応用してこのガバナンスを自動化し、開発者コミュニティと消費者が直接契約や取引できるようになるのがスマートコントラクトの考え方です。

スマートコントラクトの課題とは?

国家によるガバナンスの難しさ

スマートコントラクトは契約や取引について取り扱うため、国としては法律などである程度管理したいという考えがあります。

しかし、ある国が管理しているのではなく利用者みんなで管理、監視しあうブロックチェーンの仕組みを応用しているため、スマートコントラクトについても同様に国家がガバナンスしにくいという課題があります。

技術革新に対する制約

また利用者としては、ブロックチェーン上で運用されている技術を利用しているため、技術的な進歩を促進させるガバナンスが利きにくいという課題があります。
つまり、様々な方法を試してうまくいったものを取り入れるといったことができないのです。

例えば、一度スマートコントラクトのコードが展開されると修正できないなどの問題が出てくるのです。

スマートコントラクトに対する期待とは?

ではスマートコントラストのメリットはどこにあるのでしょうか?

  • コスト削減
  • 契約の改ざんの不可能性

第一に、契約や信用の自動プログラム化によるコストの削減です。

品物の取引では相手がきちんと品物やお金を送ってくれるのかなどの信頼性の判断が大きな手間となります。

今までは第三者機関がその手間を代わりに行っていましたが、手数料などの余分なお金がかかってしまっていました。

信用、契約から取引までを自動化することにより第三者機関を介さず提供者と消費者が直接やり取りできるため、仲介手数料などの中間コストをカットできるのです。

第二に、契約はブロックチェーン上に書き込まれるため、改ざんができません

さらに、利用者全員が契約を確認できるため、怪しい契約があれば指摘されるので、取引の透明性も高まります。

スマートコントラクトの成功のポイントは?

スマートコントラクトを実現させるためにはどのようなポイントがあるのでしょうか?

まずは、国や地域によって異なる法律や考え方、倫理観や様式などの複雑性の統一化です。

スマートコントラクトでは正式な契約書の様式はもちろん、そもそも倫理観などの考え方から異なる人々を統一されたルールの中におとしこむ必要があります。

この複雑な部分をどのように自動化するかが成功へのカギとなります。

そして、やはりセキュリティ面での課題の克服です。

スマートコントラクトの規模が大きくなればなるほど、問題発生時のリスクも大きくなります。

特にどのような基準で契約を自動化しているかといったコアの部分が何らかの原因で変わってしまうとコミュニティ全体の契約がストップしてしまいます。

まとめ

いかがだったでしょうか?

スマートコントラクトには課題も多くありますが、広く浸透すればそれ以上のメリットがあります。

特にスマートコントラクトによって、開発者や提供者が適正な利益を得られるようになれば様々な職業が人気になり、サービスや製品の向上、仮想通貨の広がりが実現し、経済全体が活性化されていくのではないでしょうか。