Signatumとはどのような仮想通貨か?




Signatumとは?

Signatumは2017年7月に公開された仮想通貨で、通貨単位は「SIGT」を使っています。

ビットコインやイーサリアムなどの有名な仮想通貨のマイニングは、個人レベルで実行するのは困難ですが、Signatumはまだ個人でも可能性があるとして、仮想通貨ユーザーでは知られています。

Signatumの3つの特徴
  • Tor市場と公開市場の2本立て
  • 匿名のノード
  • コミュニティ主導

Tor市場と公開市場の2本立て

仮想通貨の市場には、一般的な取引所などを使った市場と、Tor市場を使ったトレードの2種類があります。

Tor市場は、複数のサーバーを中継しながらアクセスするアドレスシステムで、元のアドレスをたどることがほとんど不可能なものです。

Signatumは、通常の公開市場とTor市場の2つをシームレスにつないで、支払いプラットフォームを形成することを目指しています。決済や取引所、マーケットプレイスといった様々なシーンをいくつかのアプリケーションによって統合して、誰でもいつでもSignatumを使った取引ができるように設計されています。

匿名のノード

SignatumはTor市場を使うため、匿名のノードですべてやり取りが可能です。

Signatumプロジェクトは、Torを利用してユーザーを保護し、発信元のIPアドレスが追跡されることなく完全に匿名のノードを提供しています

コミュニティ主導

Signatumの目的は、ユーザー同士がチームとなって通貨の発展に参加し、将来の開発について話し合うことができるようにすることです。

Signatumコミュニティですべてのユーザーが意見を出し合ったり、提案をしたりしながら、プロジェクトの発展に自由に貢献していきます。アイデアや提案を具体化するためのリーダーを決めて、そのユーザーを中心に話し合いを行います。

Signatumの将来性

Signatumは、承認アルゴリズムとしてPoWとPoSの両方を採用したハイブリッド型仮想通貨で、10万通貨までマイニングが進むと、自動的に完全なPoSに移行します。

PoWとPoSのハイブリッドについて詳しく
1つはビットコイン(BTC)にも採用されているPoW(Proof of Work)。有志を募って複雑な計算処理をさせ、その仕事量に応じて報酬としてのコインを支払うしくみです。(中略)
2つ目のアルゴリズムはPoS(Proof of Stake)というもの。Powが持つ課題を解決するために作られたこの仕組みは、コインの保有量に比例してブロックの承認率が高くなります。(中略)
PoWとPoSを併用したハイブリッド型のアルゴリズムを採用することで、PoWによって発生するリスクを抑えつつ、双方のメリットを享受することができるのです。
PoWとPoSのハイブリッド型通貨!?I/O Coinの特徴や将来性とは | BITDAYS(ビットデイズ)- 仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届け!仮想通貨のプロが監修する仮想通貨総合情報サイト

PoSに移行したあとは、ウォレットに保管するだけで5%の金利が付きます。2017年9月には9万通貨まで発行が終わっており、5%の金利が得られるようになってきます。

Tor市場と公開市場をシームレスにつなぐというコンセプトや、高い匿名性などが評価されている通貨です。将来の上昇に期待がかかっており、保有しておく価値はあると言えるでしょう。

Signatumの匿名性は需要あり

Signatum (SIGT) price, charts, market cap, and other metrics | CoinMarketCap

取引開始は2017年です。取引開始直後は大きく値が動きましたが、その後は下降傾向にありました。2018年に入り再度値上げの動きになりましたが、その後下降し現在ほとんど値動きはない状態が続いています。

公式サイトが見られないため、コミュニティやGithubなどから情報収集する必要があります。匿名の仮想通貨は需要があるため、今後の発展に注目したい仮想通貨と言えるでしょう。

Signatumの主な取引所