Shiftはユーザーがコンテンツ展開でいるアルトコイン




Shiftとは?

(シフト)は2015年9月に、LISKから分派してリリースされたアルトコインです。ちなみにShiftとはトークン名と言うよりも、もとはスマートコントラクトによる分散型公開プラットフォームの名称でした。このスマートコントラクトでは、あらかじめ予定されていた契約が条件を満たすと自動取引を実行するスマートトランザクションで注目されています

Shiftの特徴について

・スマートコントラクトによる分散型公開プラットフォーム
・プログラマー志向のJavascriptのプラットフォーム
・コンテンツマネージシステムを搭載したアルトコイン

スマートコントラクトによる分散型公開プラットフォーム

オープンソースのプラットフォームを導入しているShiftは、利便性の高い決済機能を最優先に開発された仮想通貨です。このシステムを利用することで、世界中の企業や法人、個人間の取引環境が進歩することは間違いないでしょう。もちろんPoSによるハイスペックの承認作業で、スピーディでローコストの取引も実現しています。これまでの金融機関が仲介していた決済サービスが著しく不便であり、世界的な経済活動の活性化に貢献します。

プログラマー志向のJavascriptのプラットフォーム

Shiftのオープンソース・プラットフォームは、プログラマーが扱いやすいJavascriptで開発されていることから、ユーザーや開発者によるシステムアップのアプローチがしやすくなっています。新しいアプリケーションの開発・導入が不特定多数によって書き込まれる自由度がある事で、今後さらなる機能の充実が見込まれる仮想通貨なのです。もちろん現時点でも省エネな取引承認作業を実行していることから、運用コストも限りなくゼロに抑える形になっています。他の仮想通貨から頭一つとび抜けた価値をもっています。

コンテンツマネージシステムを搭載したアルトコイン

決算機能に優れたShiftの知名度が上がっていくにつれて、ユーザー発のコンテンツ・アプリケーションが続々と展開されていく可能性があります。それはShiftにコンテンツマネージシステムが搭載されているからです。SHIFTはスマートチェーン型のオープンプラットフォーム上で運営されていますから、エンジニアや開発チームといったユーザーが自由にカスタマイズして利用できるのです。それによって全く新しい取引シーンが展開されると期待されています。

Shiftを扱っている取引所について

Shift (SHIFT) price, charts, market cap, and other metrics | CoinMarketCap

2018年7月時点で、国内取引所によるShifの取り扱いはありません。購入可能な取引所は海外のBittrexやLivecoinになります。