中古車販売事業のカーチスホールディングスが仮想通貨決済を導入




 

この記事のポイント

・中古車販売のカーチスホールディングスが仮想通貨決済実験
・仮想通貨による決済の現実性
・今後の見通し

カーチスホールディングスが仮想通貨決済を導入

このほど中古車販売事業を手がけるカーチスホールディングスが仮想通貨による決済の取引に間する社会実験に参加すると発表しました。今回カーチスホールディングスが実証対象とするのは仮想通貨取引所の一つであるビットポイントとの提携により、仮想通貨を活用した実証実験です。仮想通貨による決済システムを利用した社会実験はどのようにして行われるのでしょうか。

日本では仮想通貨を利用した決済システムを導入する小売店がまだ多いとは言えません。仮想通貨に対するネガティブなイメージもつきまとっているため、仮想通貨の活用に躊躇する企業が少なくないためです。今回のカーチスホールディングスによる仮想通貨による決済実験は、日本の仮想通貨に対する閉塞的な傾向を打開するのに役立つものと考えられています。

他企業への影響

日本国内でも仮想通貨を実際に活用する動きが活発化しています。欧米と比較するとまだまだ初期段階ではあるものの、徐々に社会実験において仮想通貨を利用する動きが見られています。今回のカーチスホールディングスとビットポイントの提携により、仮想通貨決済を活用する企業がさらに増えることが期待されています。

決済で利用できる仮想通貨はビットコインおよびビットコインキャッシュ、さらにイーサリアムの3種類です。どれもメジャーな仮想通貨ということもあり、実際に所有している人も少なくないため、ビットコインなどを直接利用した決済が出来ることをしり、活用してみたいと考える投資家もいます。このような動きがさらに浸透すれば、社会のさまざまな面で仮想通貨を利用出来るようになり、より身近なものとなることが考えられます。

今回の実験が与えるインパクト

日本では仮想通貨を投機対象と見なす人が少なくないため、仮想通貨への投資をしようとする人がまだ多いとは言えないのが実情です。仮想通貨による決済の実証実験により、仮想通貨が安全かつ便利に利用できる通貨であることを国民が認識できるようになるなら、仮想通貨の可能性はより広がりますし、仮想通貨の市場価格もさらに上がる可能性も十分に考えられます。今回の実験がどのような成果を収めるかはまだ未知数ですが、市場関係者や投資家たちはカーチスホールディングスによる実験に注目していて、成功するかどうかを見守っている状況です。