PRCoinとはどのような仮想通貨か?




PRCoinとは?

(ピーアールコイン)は、2016年12月に公開された仮想通貨で、通貨単位は「PRC」を使っています。発行上限枚数を7億8800万枚としており、インフレ発生を防いでいるコインです。名称通り、企業や会社、事業主、また個人が広告を効率よく出すために作成された仮想通貨です。公開しているPRCは広告を出す権利を売ったり買ったりするために使用します。

PRCoinの3つの特徴
  • PRCoinの使い方
  • 非中央集権型
  • PRCoinのプラットフォーム

PRCoinの使い方

PRCoinでは、広告主となる会社や企業が最初にプラットフォームに広告を載せます。それを見たユーザーがパブリッシャーとなって広告を実際に配信する人たちが権利を買って自分のブログなりサイトなりで広告を紹介するというシステムです。

広告に対してクリックや購入といったアクションが実行されると、パブリッシャーにはPRCoinのトークンで報酬の支払いが行われます。広告を出したい企業と、広告を乗せて収益を出したいブロガーなどを仮想通貨で直接つなぐというのがコンセプトです。

非中央集権型

現在、オンラインで広告を出すことによって収益を出すという方法は定着しており、人気ブロガーはブログのみの収入で生活できるほどになっています。今のところ、ここでは世界企業であるグーグルやヤフーなどの影響力が強すぎて、検索されて上位に表示されるように広告内容やブログの内容を検討しなければなりません。大企業に権力が集中していると言っていいでしょう。

PRCoinは大手の検索サイトに頼らず、非中央集権型の広告手法として今後の利用拡大が期待されています

PRCoinのプラットフォーム

現状では、パブリッシャーがどういった広告を出すのかということをグーグルなどが決めているという状況です。しかし、PRCoinのプラットフォームを使うことによってパブリッシャーは自分が出したいと思う広告を自由に選択することが可能です。支払いはすべてPRCoinで行われるため、PRCoinの利用拡大によって価値が上昇すれば収益も大きくなることが期待できます。

PRCoinの将来性

PRCoin (PRC) price, charts, market cap, and other metrics | CoinMarketCap

取引開始が確認出来るのは2017年です。取引開始後は価格が高騰し最高値を記録しましたが、その後すぐに価格は下落していきます。仮想通貨全体の盛り上がりがあった2017年後半から2018年初頭にかけても、他の仮想通貨は比較的価格が高騰する傾向にある中価格は下降し続けており、現在も低価格のまま推移をしています。

PRCoinは新しいオンライン広告のスタイルとして利用の拡大が期待されています。価格の上昇には、大手のサイトを切り崩す必要もあり、今後の戦略に注目しておきましょう。オンライン広告は小規模ビジネスでも使えるというメリットがあります。PRCoinの戦略によっては価値が大きく成長する可能性があります。

しかし、TwitterなどのSNSの更新は2017年で途絶えており、現在の動向が読めにくいのは懸念材料です。bitcointalkでも2018年1月から書き込みはなく、それ以前も「詐欺コインでは?」という旨の書き込みがいくつか見られます。現状の問題点を解決しようと新しいビジネスモデルを打ち出しているPRCoinは、期待の声も少なくありません。今後、この状況を打破し発展出来るかどうか、今後の動向に注目です。

PRCoinの主な取引所