デジタルコンテンツの著作権管理のためのブロックチェーンプラットフォーム「Po.et 」




「Po.et」とは、ブロックチェーンプラットフォームの一つで、「POE」というトークンを用います。出版社やクリエイターが創作したウェブ上のコンテンツの所有権を管理するためのプラットフォームで、分散型プロトコルによりクリエイターに本来の収益をもたらすことが可能です。

Po.etについて

・デジタルメディアの著作権管理のためのプラットフォーム
・PoEを採用
・スマートコントラクトを実装

デジタルメディアの著作権管理のためのプラットフォーム

Po.etはデジタルメディア業界のために開発されたプラットフォームで、Po.et Technologies Limitedが開発しました。その目的はウェブ上の文章、音楽、画像、動画などの創作物の所有権を厳密に管理することです。従来の方法では、ウェブ上のコンテンツの著作権をすべて管理することは非常に困難でした。ウェブコンテンツの性質として、不正な複製や二次利用がされやすく、それゆえ、本来受け取るべき報酬をクリエイターが受け取れないことが増えていました。また、ユーザーにとっても知らずに不正な複製品を利用してしまうリスクがあり、クリエイターにとってもユーザーにとっても大きな問題となっています。その点、Po.etを活用すれば、クリエイターは自分の創作物の著作権を正常に管理することが可能です。コンテンツの購入にはPOEを用いるため、支払いがスムーズになり、所有権を持つクリエイターには支払われるべき正規の報酬が入ります。

PoEを採用

Po.etは、アルゴリズムにPoE(Proof of Existence)を採用しています。文字通り、「存在の証明(Proof of Existence)」が可能なアルゴリズムで、ブロックチェーンにタイムスタンプが記録されるため、ウェブ上のコンテンツが誰によって創作されたものか証明できるようになるわけです。また、ブロックチェーン上のコンテンツはハッシュ値によって暗号化されるため、ハッキングされたとしてもオリジナルの形に復元することは極めて難しく、さらに、ハッシュ値の確認でオリジナルか否かがひと目でわかるようになっています。

スマートコントラクトを実装

Po.etはスマートコントラクトを実装しており、コンテンツの売買が、管理者なしに正確かつ迅速に行われるようになっています。不正の心配がないため、代金を支払ったのに商品を受け取れない、商品を販売したのに代金を受け取れないということはありません。クリエイターと購入ユーザーのみにライセンスが発行される仕組みですので、交渉や手続きもスムーズになります。