投資に慎重さが求められるPlayerCoin




PlayerCoinとは?

仮想通貨はいろいろな分野で用いられる法定通貨のような役割を果たしつつあります。特にビットコインなどはほとんど法定通貨と同じように用いられています。ビットコインでの支払いが可能なお店やホテル、インターネットサイトも増えてきました。このように一定のコミュニティで使える仮想通貨が増えてきているのです。その中の一つ「」に注目してみましょう。

PlayerCoinの3つの特徴
  • PlayerCoinはゲーム開発に関する仮想通貨
  • 特殊な報酬システム
  • 先行きの不透明さから投資には慎重さを

PlayerCoinはゲーム開発に関する仮想通貨

PlayerCoinとは2017年10月に発表された非常に新しい仮想通貨です。新しいとはいえ、その開発者はゲームのみならず仮想通貨についての知識も高度なものを持ち、ゲームのプレーヤーの利益についてもよく考えた開発を行っています

PlayerCoinはゲームを行っている途中で取得することができます。自分のウォレットにPlayerCoinを移すことができればゲームで利用するアイテムなどとも交換が可能です。今後はPlayerCoinをゲーム内だけでなく買い物などにも利用できるように開発が進められる予定になっています。

特殊な報酬システム

PlayerCoinは特殊な報酬システムを採用しています。PlayerCoinもビットコインのようにマイニングによって無料で仮想通貨を獲得することができます。

しかしPlayerCoinでは多くの人が過剰なマイニングを行わないように、一日あたりのマイニングの量が最高で10.000 PlayerCoinと定められています。これで過度なマイニングを防げるだけでなく、市場に出回るPlayerCoinの枚数をある程度コントロールできます。さらにユーザーの利用環境によってマイニングの難しさが調整されるという特徴もあります。

先行きの不透明さから投資には慎重さを

PlayerCoin (PLACO) price, charts, market cap, and other metrics | CoinMarketCap

PlayerCoinはこれからさらに利用されていく仮想通貨になり得るのですが、投資には慎重さも必要です。

というのは、2017年10月に公開されて以降価格が急騰した後、急落しその後低水準で推移しているからです。これから再度価格の高騰が見られる可能性もありますが、一度急落してしまっている以上市場の警戒感は強く、今後値上がりしないことも考えられます。すぐに大金をつぎ込むのではなく、今後の市場の動きを見定めて賢い投資を行うようにしましょう。

PlayerCoinの将来性

仮想通貨の中には、ある業界に特化したものも多数存在します。その業界内での流通を目的としている仮想通貨です。

PlayerCoinのように、ゲームやコンテンツ業界に特化した仮想通貨も多数存在します。e-sports内での賞金用に作られた仮想通貨、コンテンツの発表が出来るプラットフォーム、そしてゲームをすることで報酬が受け取れるような仮想通貨もあります。つまり、PlayerCoinの競合となる仮想通貨は、分野を広げるとたくさん存在し、ゲームで報酬が発生するというプラットフォームも同様に多く存在します。

それらの仮想通貨の中でも、PlayerCoinが頭角を現すかどうかは、機能面やプラットフォーム上での優位性があるかや差別化が行われているかが焦点となります。開発チームがゲームも仮想通貨も高度な知識を持っているプロジェクトなので、それらを集結させより多くのユーザーを獲得出来るよう成長出来るかどうか、今後の動向に注目です。

PlayerCoinの主な取引所