チャリティー目的のPayCon




PayConとは?

仮想通貨が作られる目的は海外送金などのためだけではありません。狭いコミュニティに適用するために作られたものもあれば、地球環境の保全のために作られたものもあります。その中で「」はチャリティーのために作られた仮想通貨で、今後認知度が上がっていく仮想通貨となるかもしれません。

PayConの3つの特徴
  • PayConはチャリティーを目的として作られた仮想通貨
  • 現在の時価総額ランキングは1500位台
  • PayConはクリプトピアで購入可能

PayConはチャリティーを目的として作られた仮想通貨

仮想通貨の目的は様々ですが、PayConはチャリティーを目的として作られた仮想通貨となっています。

仮想通貨は特定の目的のために作られることも多く、中にはタトゥーを入れる店舗で使うために作られた仮想通貨もあります。PayConの場合、世界中の飢餓や病気に対処することを目的として作られ、そのための資金調達に用いられているものです。

ただし中にはこうした崇高な目的を掲げながら、実際には詐欺コインである仮想通貨も少なくないので、投資には慎重であるべきです。実際、開発プロジェクトは一度放棄されました。しかし、新たな運営体制が構築され、現在そのプロジェクトによって運営されています。

現在の時価総額ランキングは1500位台

時価総額ランキングの上位の仮想通貨は信頼性も高くなり、投資の対象として適しているということができます。

しかしPayConは現在のところ時価総額ランキング1500位台とかなり下位に位置しています。その分1CONあたりの価格は0.13円程度と非常に安いものです。いわゆる草コインの一つですが、こうした草コインは高騰した場合莫大な利益をもたらします。

ただし時価総額ランキング1500位台のPayConが今後爆発的に高騰するという保証はないため、多額の資金を投資するのは賢い方法とは言えません。PayConに限らず草コインへの投資は、無くなってもいいと言える資金で行うべきです。

PayConはクリプトピアで購入可能だった

PayConは日本国内の仮想通貨取引所で購入することはできません。PayConに限らず、日本国内の仮想通貨取引では草コインの取り扱いはないからです。

今の新しい開発プロジェクトになる前は、クリプトピアで購入することができました。世界中の500を超える仮想通貨を取り扱っている取引所で、ビットコインによってPayConを買うというシステムになっています。日本語に対応していませんが、それほど難しい操作はないので安心して利用できます。他の仮想通貨も同じウォレットで購入できるので、登録しておくと便利でしょう。現在はまだ取引所での取引は出来ませんが、新たな開発プロジェクトの運営に期待です。

PayConの将来性

PayCon (CON) price, charts, market cap, and other metrics | CoinMarketCap

取引開始は2015年です。取引開始後は値が動き価格が高騰しましたが2016年に入ると動きが鈍くなりました。しかし、2017年後半から2018年初頭にかけて、仮想通貨全体の盛り上がりと共に価格が高騰しました。その時、最高値を記録しています。現在は新しい開発チームに運営が引き継がれており、クリプトピアでの取引は確認できない状態です。

一度は運営が滞った時期もあったようですが、現在は新たな開発チームで運営が再開されたようです。取引所での取引も今後再開される可能性もあります。開発チームが今後どのように発展させていくのか、動向に注目が集まります。

PayConの主な取引所
取引可能な取引所情報はありません