進化を続けるPascal Lite




Pascal Liteとは?

仮想通貨は日々進化を遂げています。新たな仮想通貨が生み出されることもあれば、今までの仮想通貨の欠点を補う目的で作られるものもあります。どちらの種類のものであっても、これまであったものとは異なる特徴を持っているものです。では最近開発された仮想通貨の一つである「」とはどのようなコインなのでしょうか。

Pascal Liteの3つの特徴
  • Pascal Liteは2017年に開発された
  • 時価総額は1,300万円ほど
  • Pascal Coinをもとに作られた

Pascal Liteは2017年に開発された

Pascal Liteの歴史は浅く、2017年に開発された仮想通貨となります。

2013年後半から仮想通貨の数が爆発的に増加しましたが、Pascal Liteはその時期に生み出された仮想通貨の弱点を克服するために作られたものです。多くの場合、取引時間の短縮や海外送金などの手数料の削減などが行われますが、Pascal Liteが今後どのような発展を遂げていくのか注目です。

Pascal Coinをもとに作られた

Pascal Liteはそもそもという仮想通貨をもとに作られたものです。

Pascal Coinは複雑な暗号通貨アドレスではなく、普通の銀行のような番号を使ったウォレットの管理を行うという画期的な手法を取り入れた仮想通貨です。独自の言語で開発されているためセキュリティ面でも高度で、安心して取り扱うことのできる仮想通貨となっています。

Pascal Coinの進化版として開発されたPascal Liteはこれから世界の投資家に購入される可能性のあるアルトコインとなっています。今後の動向次第では購入したいと思う投資家が増えていくことでしょう。

Pascal Coinについてもっと詳しく
Pascal CoinはPASCAL言語でプログラミングされた最初の暗号通貨で、従来の分割型ブロックチェーンシステムではありません。というよりも、過去のブロックチェーンの添付を必要としない画期的なアルトコインなのです。
そのために、ネットワーク自体が大規模なボリュームに拡大してもスピーディに取引が完了するというメリットがあります。それを可能にしているのがSafeBoxハッシュです。アカウント残高は新たに更新されたSafeBoxハッシュに記録されるために、ブロックチェーン全体を消去できるシステムなのです。
分かりやすく言いますと、従来型はブロックチェーンが取引の度に更新され、それまでの記録台帳が添付の形で付随し、無制限に連鎖されていきます。この連鎖を無効化するため取引作業が非常にスムーズになります。
Pascal Coinは取引台帳を携帯しないスリムなアルトコイン

Pascal Coinは取引台帳を携帯しないスリムなアルトコイン

2018.09.05

時価総額は1,300万円ほど

仮想通貨の人気を測る一つの指標が時価総額でしょう。時価総額が大きくなればなるほど多くの人が欲しがっている仮想通貨ということになります。ビットコインの時価総額は14兆円ほどと言われてるいるので、いかに人気の高い仮想通貨であるかがわかるでしょう。

一方でPascal Liteは時価総額が1,300万円前後とビットコインの100万分の1程度しかありません。Pascal Liteとビットコインでは比べるべくもありませんが、今後Pascal Liteの価値が多くの人に認められれば価格が高騰する可能性もあるということです。実際ビットコインも10年前までは1BTCあたり0.2円だったわけですから、Pascal Liteの価格変動にも注目です。

Pascal Liteの価格推移

Pascal Lite (PASL) price, charts, market cap, and other metrics | CoinMarketCap

取引開始は2017年です。取引開始から数ヶ月は上昇傾向が続き、その後いったん値動きは落ち着きましたが、2018年初頭前後の仮想通貨全体の盛り上がりとともに価格が高騰しました。現在は低調です。

Pascal Liteの主な取引所