Pascal Coinは取引台帳を携帯しないスリムなアルトコイン




(パスカルコイン)は過去の取引記録を添付する台帳を必要としない史上初のアルトコインとして注目を集めています。リリースは2016年8月11日と比較的に新しい仮想通貨で、今後のアルトコインの行方を見る上でも重要なポジションにあります。

Pascal Coinの特徴について

・過去のブロックチェーンのリレーを必要としないアルトコイン
・シンプルな口座番号で使いやすい
・安全性の高い高速トランザクション

過去のブロックチェーンのリレーを必要としないアルトコイン

Pascal CoinはPASCAL言語でプログラミングされた最初の暗号通貨で、従来の分割型ブロックチェーンシステムではありません。というよりも、過去のブロックチェーンの添付を必要としない画期的なアルトコインなのです。

そのために、ネットワーク自体が大規模なボリュームに拡大してもスピーディに取引が完了するというメリットがあります。それを可能にしているのがSafeBoxハッシュです。アカウント残高は新たに更新されたSafeBoxハッシュに記録されるために、ブロックチェーン全体を消去できるシステムなのです。

分かりやすく言いますと、従来型はブロックチェーンが取引の度に更新され、それまでの記録台帳が添付の形で付随し、無制限に連鎖されていきます。この連鎖を無効化するため取引作業が非常にスムーズになります。

シンプルな口座番号で使いやすい

JESHOOTScom / Pixabay

既存のアルトコインの口座アドレスは、難解で分かりにくい設定になっています。

具体的には英文字と数字の羅列がずらりと並んでいますが、この長いアドレスのせいで、取引先への送金を間違うというトラブルが発生してしまうのです。また送金ミスにならなくても、難解なアドレスのせいで取引完了までのタイムラグが長くなるデメリットもあります。

でもPascalCoinのアドレスなら、ほんの数ケタの数字だけに限定されます。もちろん安全性は担保される工夫がなされています。

安全性の高い高速トランザクション

PascalCoinのトランザクション能力はビットコインよりも強力です。

それは二重支出検知サービスを採用しているからで、ノード化されたユーザー全てのチェック作業によって5〜10秒の間に二重支出を検出してしまいます。この信頼できる0確認トランザクションは高速で、しかもセキュリティ保証が担保されています。

PascalCoinを扱っている取引所は?

Pascal Coin (PASC) price, charts, market cap, and other metrics | CoinMarketCap

2018年7月時点では、国内の取引所での取扱はありません。そこでPascalCoinの購入を希望の方は、海外取引所のPoloniexやQbtcを利用してください。