Peer to peerシステム採用のParallelCoin




ParallelCoinとは?

仮想通貨の中には高値で取引されているものもあれば、1枚あたりの値段が1円以下というものもあります。特に1枚あたりの価格が1円以下といった低価格の仮想通貨は草コインと呼ばれます。草コインには全く価値が上がらないものと、需要の高まりによって爆発的に高騰するものとがあります。では「」はどちらなのでしょうか。

ParallelCoinの3つの特徴
  • ParallelCoinはPeer to peerテクノロジーを使用
  • ParallelCoinのコミュニティによってサポートされている
  • マイニングが可能

ParallelCoinはPeer to peerテクノロジーを使用

ParallelCoinのもっとも大きな特徴は、Peer to peerテクノロジーを使用しているということです。

Peer to peerテクノロジーとは、中央集権型でない仮想通貨の形の一つで、誰でも相手のIPアドレスを知っていれば、そのユーザー同士でParallelCoinの取引が行えるというものです。これを仮想通貨のシステムに取り入れることは簡単ではないため、開発者やParallelCoinのコミュニティは高いシステム構築の技術を持っていると言えます。

ParallelCoinはコミュニティによってサポートされている

ParallelCoinの開発者は現在音信不通になっているため、ParallelCoinの可能性を信じているコミュニティによって開発が続けられています。随時機能の改善や維持、新たな機能の開発がなされているため、今後多くのウェブサイトでParallelCoinが使用可能になる可能性もあります。

ただし、現在のところParallelCoinの価値は1DUOあたり35円ほどで、それほど高くないのが実情です。今後世界的に注目を集めることになれば価格が爆発的に高騰するかもしれませんが、今のところ積極的に投資対象にするのはリスクが大きいと考えるべきでしょう。

マイニングが可能

ParallelCoinはビットコインなどと同様マイニングが可能な仮想通貨です。Peer to peerシステムが採用されているため誰でもマイニングに参加することが可能です。

ブロック報酬は1から998ブロックまで0.02DUO、その後は2DUOずつとなっています。自分のパソコンの処理能力を用いてマイニングが行えるので、もしParallelCoinをぜひ欲しいという方は資金を使っての投資より先にマイニングでParallelCoinを手に入れた方が安全かもしれません。

ParallelCoinの将来性

ParallelCoin (DUO) price, charts, market cap, and other metrics | CoinMarketCap

取引開始は2015年です。取引開始後は値が動きましたが、その後数年は特に目立った値動きはありませんでした。しかし、仮想通貨全体の盛り上がりを見せた時期でもある2017年後半から2018年初頭にかけて価格が急上昇します。2018年1月には最高値を記録しました。その後価格は下降していきますが、一定の価格帯を保ちつつ推移をしています。

ビットコインの弱点を克服するような仮想通貨は多数存在し、その中でも機能の差別化が出来ない仮想通貨の多くは伸び悩んでいる現状があります。ParallelCoinの場合も、機能面で大きな特徴はない印象です。今後、さらなる発展のためには差別化出来る機能の充実や、マーケティング活動などが必要になってくるでしょう。

TwitterやFacebookなどのSNSでは発信が止まっていますが、bitcointalkでは議論が盛り上がっています。最新情報の入手にはbitcointalkがおすすめです。

ParallelCoinの主な取引所