新しいマルチプラットフォームを提供するOctanox




仮想通貨Octanoxは2017年4月に登場した、比較的新しい仮想通貨です。

ブロックチェーン技術を用いて決済や取引、ビジネスに関する、使いやすく洗練されたプラットフォームを提供することを目的としています。

開発チームには仮想通貨やブロックチェーンに関してハイレベルなスキルを持つスタッフが集結しており、最終的には現在最もメジャーなBitcoinと勝負できるような仮想通貨へと成長させる予定です。

Octanoxについて
・Octanoxの提供するプラットフォーム
・Octanoxは多彩なサービスを提供している
・Octanoxの価格推移と購入方法

Octanoxの提供するプラットフォーム


OctanoxはWavesという特有のブロックチェーン技術を用い、支払いシステム、Eコマース、ニュースに関するプラットフォームをユーザーへ提供します。

Octanoxのプラットフォームで特筆すべき点はその柔軟性にあります。

従来の仮想通貨などでは、ひとつのプラットフォームではひとつの通貨しか使えず、柔軟性に欠いていました。

しかしOctanoxのプラットフォームは異なる領域で稼働するプラットフォームに対応し、必要なものだけをOctanoxのプラットフォームへ取り出して利用することができます。

電子通貨を区別し、システムを統合させるのは大変ですが、Octanoxの大きな強みとなっています。

またOctanoxが提供するニュースにはOctanoxプロジェクトのCEO兼創業者であるMicheael Soeterbroekが同じくCEOを務めるCewnoteという仮想通貨が提供するニュースプラットフォームを利用しています。

Octanoxは多彩なサービスを提供している


Octanoxはロードマップを「マーケティング」、「ビジネス」、「デベロップメント」の3つに分けて設定していますが、そのうち「デベロップメント」では支払いシステム「OTXPay」や専用のウェブウォレットである「SmartWeb Wallet」など6つのアイテムの開発を明言しています。

OTXPayはOctanoxの支払いシステム「Octanox Payment System(OPS)」の核となるもので、パートナー企業の提供するゲームやEコマースのサービスを受けることが可能になります。

特にEコマースでは不正行為などが気になるところですが、OTXPayではあらかじめ取引を凍結させておき、消費者が配達時にセキュリティコードを提示することで凍結を解除して取引を成立させる「Smart Escrow System(SES)」というユーザー保護システムを採用しているため、安全な取引が可能です。

また「SmartWeb Wallet」はOctanoxを保管するにあたって便利な機能が色々と付いています。

本来仮想通貨を購入したときにはウォレット探しや暗号化などセキュリティを万全にするためのプロセスが必要なのですが、専門の知識がなくてもセキュリティのしっかりしたウォレットを使うことができるのは大きなメリットとなるでしょう。

Octanoxの価格推移と購入方法


Octanox (OTX) price, charts, market cap, and other metrics | CoinMarketCap
Octanoxは2017年4月に登場し、2017年12月から2018年1月にかけて高騰しましたがその後は価格が落ち着き、現在は公開時の数倍程度で推移しています。

Octanoxは公開前に他の仮想通貨のようにICOを行わず、AndroidOS用のゲームを公開して資金調達をしました。

開発チームはゲームを通してブロックチェーンや仮想通貨について知ってもらおうという意図だったようです。

他にもBitcoinに匹敵するという壮大なビジョンを持つなど、その将来性は確かなものと言えます。

OctanoxはTwitterで情報を発信しているので、気になる方はチェックしてみてください。

Octanoxは日本の取引所では購入できないため、購入する場合は海外の取引所へBitcoinやEthreumを送って交換してください。

Octanoxを取引できる主な取引所
・BITBOX
.com
・BiteBTC