ノーラン・ブッシュネル氏のX2ゲームス買収劇




この記事のポイント

・アメリカ・アタリ社の創業者
・カナダの投資会社による買収劇
・仮想通貨をゲーム課金へ応用

ノーラン・ブッシュネルとアタリ社

ノーラン・ブッシュネルといえばアメリカ・アタリ社の創業者としても知られるプログラマーです。ノーラン・ブッシュネルがテレビゲーム界に与えた功績は偉大で、ゲームソフト開発者の間で知らない人はいないといわれるほど、知名度が高く、アタリ社を成功に導いた立役者としても知られています。その後ワーナーへの身売り劇で社内衝突を起こし、いわば喧嘩別れで社を去った人物でもありますが、このほど仮想通貨の基礎となるブロックチェーンを活用したゲーム開発に乗り出すとのニュースが世界を駆け巡りました

ブロックチェーンの可能性

ブロックチェーンとは暗号化技術の一つで、仮想通貨の根幹をなす技術です。仮想通貨はブロックチェーンにより安全性が確保され、それと同時に取引すべてが記録されます。仮想通貨は一つ一つがチェーン(鎖)で結ばれ、それぞれに取引の記録が付されています。これにより仮想通貨がどのようなルートを経由して取引されたかがすべて明らかになっています。ブロックチェーンは仮想通貨だけでなくさまざまな分野に応用が可能です。ノーラン・ブッシュネルはそこに目を付けたのです。

X2ゲームスの買収劇

ブロックチェーンとノーラン・ブッシュネルとを結びつけるきっかけとなったのが、ノーラン・ブッシュネル氏が率いるX2ゲームスの買収劇でした。報道によると、カナダの仮想通貨投資会社がX2ゲームスを買収し、ブロックチェーンによる仮想通貨をゲームの課金に応用することが明らかになりました。これはゲーム業界に大激震を与えるものとなりました。その理由としてこれまで課金はすべて中央銀行が管理する通貨により取引されてきましたが、これが仮想通貨にとって代わることになるからです。

今回の買収劇により、仮想通貨の将来性に明るい兆しが見えてきました。仮想通貨はバブルが崩壊し、ビットコインをはじめとした主要通貨の大暴落が続いています。このような中、仮想通貨をゲームの課金に生かす試みは、仮想通貨投資家にとってプラスマインドとなっています。これが今後どの程度影響を及ぼすかは未知数ですが、アタリの創業者という知名度が生かされていることもあり、一定の影響を及ぼすことは確実だといえるでしょう。

仮想通貨がもたらす次世代社会の幕開けともいえる今回のX2ゲームス買収劇、今後も目が離せない展開になってきました。