日本と世界をつなぐNodeTokyo 2018(ノード東京2018)が東京で開催




この記事のポイント

■ブロックチェーン関連では日本初となる大規模な国際カンファレンス
■ブロックチェーン分野における最先端プロジェクトや業界のリーダーがカンファレンス
■2018年11月19日~20日の2日間で開催

東京ミッドタウン日比谷で開催された大規模なイベント

NodeTokyo 2018(ノード東京2018)は、2018年11月19日と20日の2日間にわたって開催されたイベントです。このイベントが話題となっている理由はいくつかありますが、その中の一つには、ブロックチェーン技術という世界最先端の技術に関する国際イベントがこの規模で開催されるのは日本においては初という点があるでしょう。NodeTokyo 2018には、国内外からたくさんのエンジニアやリーダーたちを招いてカンファレンスが開催されましたが、その中にはブロックチェーンや仮想通貨の魚介においては世界をけん引すると言っても過言ではないEthereum Foundation(イーサリアム・ファンデーション)のVP達も参加しています。

NodeTokyo 2018は、ブロックチェーン技術を用いた開発に直接的に携わっているエンジニアや企業、学生など幅広い立場の人材がNodeという接点を作るために開催されるイベントなのです。

若い世代にフォーカス

NodeTokyo 2018の特徴には、若い世代にフォーカスしたイベント内容という点があります。2018年に入ってから日本国内では多種多様なブロックチェーン関連のイベントやカンファレンスなどが開催されていて、プロジェクトを推進してきました。CryptoAgeという若い世代をターゲットにしたコミュニティが作られたりして、多くの人が気軽にブロックチェーン技術に携わりやすい場所も設けられています

ブロックチェーン技術や仮想通貨においては、日本はこれまでに大きくかかわってきたという歴史があります。仮想通貨の中でも第1人者的な位置づけとなるビットコインは、もともとはサトシナカモトという日本人が開発したことで知られていますし、以前では渋谷に世界最大規模がありました。また、世界で初めてクリプトカレンシーが合法化されたのもまた、日本だったのです

日本のブロックチェーン事業活性化も期待

NodeTokyo 2018によって多くの若者がブロックチェーン技術に興味や関心を持つことは、日本国内におけるブロックチェーン事業の活性化も期待されています。現在、世界各国でブロックチェーン技術をリアルなサービスや行政に生かすプロジェクトが開発されていますが、今後の日本ではどんな風に適用されるのかという点にも、注目が集まっているようです。