Musicoinとはどのような仮想通貨か?




Musicoinとは?

Musicoinは2017年2月に取引開始された仮想通貨で、通貨単位として「MUSIC」を使っています。

コンセプトの新しさから市場投入して直後に最高値を付けたあと徐々に価格を下げていますが、今後の成長に期待が持てる通貨です。

この記事では、Musicoinの3つの特徴と将来性について紹介します。

Musicoinの3つの特徴
  • 音楽業界に特化
  • コンテンツの保護
  • コミュニティが充実している

音楽業界に特化

Musicoinは音楽業界を活性化する目的で開発されたコインで、音楽家とファンをつなぐ収益システムに特化しています。仮想通貨の基本であるブロックチェーンを音楽における収益として活用するもので、イーサリアムのスマートコントラクト技術も導入されています。

仕組みは非常に簡単で、プラットフォームで音楽リスナーが楽曲を再生すると、そこで発生する収益のすべてが音楽家に直接支払われるというシステムです。

音楽の提供にあたっては、レコード会社やレーベルのような仲介する団体や企業が必要ですが、これを無くして直接ファンと音楽をつなげようという試みです。開発チームとコミュニティが育てているプロジェクトです。

コンテンツの保護

Musicoinでは、楽曲の再生や購入などによって発生する報酬を即時に自動的に音楽家に支払うというシステムで、音楽を制作する側は創作により集中できる環境を整えます。

また、楽曲制作で発生する著作権をMusicoinのブロックチェーンに公開します。これによって著作権を保護し、またイーサリアムのスマートコントラクト機能を付帯しているのでライセンス条項が簡素化され、より管理が楽になります。

コミュニティが充実している

Musicoinは開発チームとコミュニティが共同で育てている仮想通貨です。音楽家とファンがより深く交流でき、仲間たちとのコラボレーションも容易に開始できるツールも揃えています。

Musicoinの将来性

仮想通貨は一般に、ユーザーが増えればその分大きくなり、価値も上昇します。

インターネットの発達によって、渋滞型の音楽の著作権管理システムは大きくゆらいでいます。Musicoinは、仮想通貨のスマートコントラクトなどの機能を利用することで、コンテンツの権利者を明らかにして、正統的な対価を制作者に支払うことがコンセプトです。

Musicoinによって制作者は契約も瞬時に結べます。スマートコントラクトが当たり前のものとして受け入れられるようになれば、プラットフォームで一瞬にして楽曲の発表と収益化が可能になります。利用の拡大が期待されており、価値上昇も見込まれています。

Musicoinは社会的意義のある仮想通貨

Musicoin (MUSIC) price, charts, market cap, and other metrics | CoinMarketCap

取引開始は2017年です。取引開始後は大きく値を動かしましたがその後は落ち着いた値動きをしています。その後、2018年初頭に価格が高騰し、現在は大きな価格変動なく価格を保っています。

インターネットの発展と共に問題化している著作権問題。Musicoinはその問題を解決すべく、社会的意義を背負った仮想通貨として発展を期待されています。仮想通貨の中には、業界に特化した仮想通貨もたくさん存在しており、社会的な役割を担うプラットフォームとして期待されています。音楽業界に特化した仮想通貨もありますが、Musicoinは音楽に関わるすべての人が恩恵を受けることが出来る仕組みになっています。今後、より発展することを期待出来る仮想通貨といえるでしょう。

所有するだけで増えていく?808Coinの将来性は?

2018.08.16
Musicoinの主な取引所