Mooncoinとはどのような仮想通貨か?




Mooncoinとは?

Mooncoinは、2014年に取引開始された仮想通貨で、通貨単位は「MOON」を使っています。

ビットコインに次いで次世代型仮想通貨としてイーサリアムが誕生したのが2014年1月で、それとほぼ同じ時期に生まれた通貨ですので、それなりに歴史のある通貨です。少額の決済を素早く、高い透明性を持って実行することを目的として開発されています

この記事では、Mooncoinの3つの特徴と将来性について紹介します。

Mooncoinの3つの特徴
  • 手数料が低い
  • 独自の言語で開発
  • ソーシャルメディアの運営

手数料が低い

Mooncoinは、日常的に決済に利用できるよう開発された仮想通貨で、手数料を非常に低く抑えています

ビットコインやイーサリアムは日常の決済に使うには手数料がかかってしまうために、使いにくいという一面があり、これを改善したものです。少額決済をマイクロペイメントと呼んでいますが、これを短いトランザクション時間で実行できるのがMooncoinです。

独自の言語で開発

Mooncoinの大きな特徴として、排他的に設計されたMoonWordという独自のプログラミング言語によって設計されているという点が挙げられます。

MoonWordによって、ブロックチェーンにコーディングと取引履歴の保存をしています。この言語は取引履歴のトランザクションをブロックチェーンに直接記録していくもので、これによって高速のブロック生成時間を達成して、軽量化、低料金を可能にしています。

ソーシャルメディアの運営

Mooncoinの開発コンセプトのひとつが、世界中の好きな場所や好きなモノを紹介する記事を書いて、それを「お気に入り」されることによって収益を獲得できる「Smartlikes」というソーシャルメディアのプラットフォームを用意していることです。

従来のSNSでは個人が発信する情報での収益化は困難ですが、Smartlikesを使うと、Mooncoinを個人が獲得できます。

Mooncoinの将来性

Mooncoinの強みは、少額決済に特化していることです。ブロック生成時間を短くすることによって、低料金で高循環に配布できる点がMooncoinの魅力といえるでしょう。

仮想通貨は、投資や企業の資金調達に利用されることが多いですが、個人の好きなモノを発信することによって収益化するというビジネスモデルも将来性があると考えられています。

市場の反応も良く、2017年に最高値を記録しており、今後の動向が注目される仮想通貨です。需要の掘り起こしにも積極的な通貨で、利用の拡大によって価格の上昇も充分に見込めるでしょう。

Mooncoinはマーケティング強化が鍵?

Mooncoin (MOON) price, charts, market cap, and other metrics | CoinMarketCap

2014年に取引開始され、取引直後は大きく値が高騰しました。その後下降し、数年は大きな値動きはありませんでした。しかし、2017年に仮想通貨業界全体の盛り上がりと共に再度大きく値を上げ、2018年初頭には最高値を更新しました。現在も比較的上昇傾向で推移しています。

少額決済向けで、SNSプラットフォームを導入し、より多くのターゲットを見据えた設計をしているMooncoin。今後の課題は、いかに多くのユーザーに使ってもらうかで、マーケティング面など強化が必要になってくるのではないでしょうか。

SNSの更新も頻繁です。今後の動向を知る上でとても参考になる情報なので、ウォッチすることをおすすめします。

Mooncoinの主な取引所