マイケル・モロ氏はジェネシス・トレーディングのCEO




仮想通貨というと、海外送金や投資対象として利用されているものというイメージがあります。確かに多くの投資家はそのようにして仮想通貨を利用しています。多くの利益をもたらす可能性のある仮想通貨ですが、最近行われ始めたのが仮想通貨のレンディングです。それはマイケル・モロ氏がCEOを務めるジェネシス・トレーディングとその子会社であるジェネシス・トレーディング・キャピタルが行っています。

・マイケル・モロ氏はジェネシス・トレーディングとジェネシス・トレーディング・キャピタルのCEO
・ジェネシス・トレーディングとジェネシス・トレーディング・キャピタルは仮想通貨のレンディングを開始
・マイケル・モロ氏はBitCoinの底値を約3,000米ドルと予想

マイケル・モロ氏はジェネシス・トレーディングとジェネシス・トレーディング・キャピタルのCEO

マイケル・モロ氏は仮想通貨トレーディング企業であるジェネシス・トレーディングとその子会社ジェネシス・トレーディング・キャピタルのCEOである人物です。2018年にBitCoinを始め多くの仮想通貨の価格は下がりましたが、この二つの会社は価格の下落を耐え抜いて新たな事業の展開を始めています。

ジェネシス・トレーディングとジェネシス・トレーディング・キャピタルは仮想通貨のレンディングを開始

マイケル・モロ氏がCEOを務める二つの会社が始めたのが、仮想通貨のレンディング事業です。レンディングとは貸したい側と借りたい側を仲介する事業ですが、この場合貸す側は子会社のジェネシス・トレーディング・キャピタルであり、他の企業や投資家が10万ドル相当の仮想通貨を2週間から6ヶ月間借りることができるようになっています。使用される仮想通貨はBitCoin、Eathreum、、BitcoinCashなど計6種類となっており人気を集めています。特に仮想通貨の価格下落に伴ってレンディングの需要が高まってきているのもジェネシス・トレーディングに有利に働いています。

マイケル・モロ氏はBitCoinの底値を約3,000米ドルと予想

マイケル・モロ氏はニュース番組において、BitCoinの価格は近いうちに約3,000米ドル、日本円でおよそ34万円で底値になると予想しました。これまでBitCoinの底値は6,000米ドルとされてきましたが、それを下回ったため大きな影響が出てきました。今後は本当に底値が3,000米ドルになるのか、それ以上下がるのかが投資家たちの注目すべき点となりそうです。