仮想通貨取引所The London Block Exchange(LBX)が英ポンド連動型のペッグ通貨「LBXpeg」を発行




この記事のポイント

・The London Block Exchangeがポンドと連動する仮想通貨ローンチする計画を発表
・LBXpegは、英ポンドと連動する初のステーブルコインとなる予定
・9月以降新しいステーブルコインの取引開始が相次いでいる

2018年9月29日、イギリスのロンドンで仮想通貨の相対取引および仮想通貨取引所を運営しているスタートアップ企業The London Block Exchange(LBX)が、英ボンド(GBP)と連動して価格が変動するペッグ通貨「LBXpeg」を近日中に公開する予定であることを公表しました。

LBXはすでにこの「LBX」について、GBPと価格連動させることの許可を得ているとしていますが、許可を与えた銀行の詳細は公開されていません。1トークン=1ポンドとなるこのLBXpegは、第三者となる銀行の口座に保有されるということです。法定通貨担保型となるペッグ通貨LBXpegについて、LBXのCEOであるBenjamin Divesは。「LBXpegはトップの会計企業に常時監査されることになる。ポンドと連動する最初のステーブルコインになるだろう」と、取材に対して答えています。

「ステーブルコイン」の安定性への期待

LBXによるペッグ通貨発行の計画は、昨今世界的に起こっているステーブルコインブームの流れを受けたものであると言えます。ステーブルコインには、法定通貨の価格と連動させる「ドルペッグ」「円ペッグ」などの「法定通貨担保型」、他の仮想通貨と連動する「仮想通貨担保型」、担保を保有せずにスマートコントラクト機能によって価格を安定化させる「無担保型」の三種があり、LBXpegは法定通貨担保型のステーブルコインとなります。

ステーブルコインにはこれまで主だったものとして、米ドルと連動するドルペッグ「Tether」、日本円に連動する「LCNEM」、仮想通貨Ethereumに連動する「Dai」などがありましたが、昨今、新しいペッグ通貨が次々に発行される傾向にあります。9月10日には、ウィンクルボス兄弟の仮想通貨取引所Geminiが「Gemini Dollar」を、Paxos Trustが「Paxos Standard stable coin」を発行、9月26日には仮想通貨大手であるサークル社が米ドルと連動するステーブルコインとして、「USDコイン(USDC)」を新たに発行しました。USDCは仮想通貨取引所で取り扱われるだけでなく、Kyber NetworkやIDEXといった分散取引所と提携しているのを始め、仮想通貨エコシステムと幅広く連携しています。