デロイトコンサルティングLLPの取締役社長Wendy Henry氏




Wendy Henry氏は世界最大級の会計事務所であるデロイトコンサルティングLLPの取締役社長です。デロイトコンサルティングLLPといえば、先ごろ、シカゴのアイデンティティマネージメント会社である「Attest」と提携して、政府に対しデジタルアイデンティティの管理を円滑にするソリューションを提供すると発表したことが報じられましたが、Henry氏もそのことについてプレスリリースで語っています。

Wendy Henry氏について

・デロイトコンサルティングLLPの代表取締役
・地元バージニアのIT業界でキャリアを積む
・社長就任直後にAttestとの提携を発表

デロイトコンサルティングLLPの代表取締役

Wendy Henry氏は、デロイトコンサルティングLLPにおいて代表取締役として、新興のテクノロジーをシンプルな形でクライアントに提供しています。技術者として30年以上の経歴を持つHenry氏は、ブロックチェーン、クラウド、デジタルイノベーションなど幅広い分野に実地の経験を持ち、従来のクライアントのビジネスを新しく創造される価値に向けて導くのに最適な人物として評されています。

地元バージニアのIT業界でキャリアを積む

バージニア州出身のHenry氏は、地元のウィリアム・アンド・メアリー大学を卒業し、その後のキャリアも同州で積み上げています。2010年までITコンサルティング会社の「Johnston McLamb」でCOOを務めました。彼女の在籍期間に会社の業績を200%アップさせるなど、その手腕を買われて、今度は同社の母体である「CRGT, Inc.」の民間ビジネス上級副社長に就任します。CRGT, Inc.はアメリカ・バージニア州のクラウドサービス会社で、民間から情報機関までを対象にIT技術を提供しています。Henry氏は同社で損益の全責任を負うポジションを務め、業績の拡大など実績を残しました。その後、ITコンサルティング企業の「immTechnologies LLC」の社長を務め、また、2012年からはデロイトコンサルティングに入社し、ブロックチェーン技術に関する業務をおもに担当しています。同社の取締役社長に就任したのが2018年9月です。

社長就任直後にAttestとの提携を発表

デロイトコンサルティングがAttestと提携して、政府クライアントにブロックチェーン技術をベースにしたデジタルアイデンティティ管理のためのソリューションを提供すると発表したのが2018年11月です。Henry氏にとって、取締役社長としての最初の大きな仕事の一つと言ってよいのではないでしょうか。