LiteDogeとは何か?




LiteDogeとは?

LiteDogeは2015年3月に公開された仮想通貨で、比較的歴史は長く続いています。通貨の略号として「LDoge」を使うこともあります。

2015年にいったん大きく値を上げた後、激しい上下動を繰り返しており、今後の変動にも注目したい通貨です。

LiteDogeの3つの特徴
  • ファン・アンド・トラスト
  • PoS方式
  • 学ぶのが簡単

ファン・アンド・トラスト

LiteDogeは、通常の仮想通貨と同様、P2Pネットワークを利用した個人間の譲渡・受け渡しを主体とした通貨です。

P2Pとは?
P2Pとはpeer-to-peerの略です。 インターネットにおいて一般的に用いられるクライアント・サーバ型モデルでは、 データを保持し提供するサーバとそれに対してデータを要求・ アクセスするクライアントという2つの立場が固定されているのに対し、 P2Pは各ピア(*1)がデータを保持し、 他のピアに対して対等にデータの提供および要求・ アクセスを行う自律分散型のネットワークモデルであり、 サーバまたはクライアントのそれぞれの立場に固定されることがありません。
(*1)ピア (peer):対等の立場で通信を行うノード、または通信相手のことを指します。
インターネット用語1分解説~P2Pとは~ – JPNIC

通貨の取引では、多くのノード、つまり端末が保有しているブロックを検証してトランザクションを形成し、1つの完全な記録としてネットワークに記載するよう設計されています。

LiteDogeのウォレットは、この取引のときに不正が発生しないよう設計されており、セキュリティは強固と言えるでしょう。トランザクションの形成は非常に高速で、売買でも素早く対応するファン・アンド・トラストな通貨です。

PoS方式

LiteDogeの承認アルゴリズムは、「PoS(Proof of Stake)」方式です。

通貨の取引や譲渡において、それぞれのノードがネットワークとブロックチェーンを正常に進行させるプロセスが「ステーク(Stake)」で、この過程に参加したノードへの報酬として新規のコインが発行されるシステムです。

ブロックを維持して次のブロックへ引き渡して報酬を得るのに必要な時間は、ユーザーがウォレット内に保管したコインの数量によって決定します。

学ぶのが簡単

PoSのシステムを学ぶのは、プログラミングの知識のない人にはかなり困難です。コンピューターリソースも必要であるため、初心者には高いハードルとなることが多く、仮想通貨の問題点のひとつと言われています。

LiteDogeでは、こうしたシステムを学ぶためのプログラムを提供しており、なるべく多くの人が利用できるようにしています。公式サイトには、ウォレットのセットアップ手順が細かく説明されており、専門の知識がなくてもインストールが可能です。

LiteDogeの価格変動と将来性

LiteDoge (LDOGE) price, charts, market cap, and other metrics | CoinMarketCap

取引開始は2015年です。LiteDogeはボラリティが非常に大きい仮想通貨で、2016年8月には、たった1日で99%も価値が下落したこともあります。

2017年には仮想通貨全体が盛り上がったこともあり、底値の約38倍という価格上昇も経験しています。ビットコイン以外のアルトコインにありがちですが、LiteDogeも価格はビットコイン相場に引きずられます。ビットコインの価格推移を注目しながら、LiteDogeに注目していくという投資方法が向いていると言われています。

専門知識がなくても使えるような仕組みが整っているLiteDoge。より仮想通貨を広めるきっかけとして、今後発展していくかどうか動向に注目です。

LiteDogeの主な取引所