マレーシア政府の財務大臣・林冠英(Lim Guan Eng)氏




 

 マレーシア政府における林冠英(Lim Guan Eng)氏

林冠英(Lim Guan Eng)氏は、マレーシアで財務大臣を行っている政治家です。近年、世界的に仮想通貨の流通が活発になり、各国ともに仮想通貨に関する法律の制定が急がれている形になっていますが、マレーシアでそれについての取り組みを行っているのが、林冠英(Lim Guan Eng)氏です。

・仮想通貨に関する助言
・仮想通貨規制の制定

林冠英(Lim Guan Eng)氏は、規制に関する助言を行ったことで有名です。しかしそれは、仮想通貨そのものを否定しているのではなく、仮想通貨に関連して起こされる犯罪行為を抑止するためであるとの立場を明らかにしています。

仮想通貨に関する助言

林冠英(Lim Guan Eng)氏は、仮想通貨とICOに関する規制について、マレーシア証券委員会から報告を受けたことを前提に、仮想通貨に関する助言を行いました。その助言というのが、「仮想通貨の発行を希望している人は、マレーシアの中央銀行であるマレーシア国立銀行に指導を求めた方が良い」というものです。

これだけ聞くと、新しくマレーシアで仮想通貨の発行をしようとしている人は、規制を受けている印象となります。しかし、林冠英(Lim Guan Eng)氏の意図としては、既存の法律には従うようにしてほしい、ということです。仮想通貨といっても価値ある貨幣として変わらない役割を果たす以上、現状の法律の抜け穴を使ってマレーシア国立銀行のガイドラインなしに行うのは適切でないとの見解を述べています。

仮想通貨規制の制定

マレーシアは現在、仮想通貨規制の制定に向けて、準備を進めているところです。規制というと、妨害のようにとられがちですが、これも安心して安定的な取引をするために必要な法整備です。特に林冠英(Lim Guan Eng)氏は、財務大臣でもあることから、仮想通貨に関連する犯罪行為を危惧しています。

そのため、新たに反マネーロンダリング法の施行をしたことにより、仮想通貨取引所を利用する人に身元確認義務をもうける法案を可決しました。この法案を可決したことによって、これから仮想通貨に関する所得税や関税などの脱税や、密輸・不法な資本流出等、様々な犯罪行為についての防止ができるようになりました。林冠英(Lim Guan Eng)氏はこれからも、仮想通貨関連の犯罪防止に取り組んでいくことを明らかにしています。