今後拡大する可能性を秘めたLEOcoin




LEOcoinとは?

LEOcoinとは、金の価格に裏付けされた仮想通貨で、様々な影響を受けずに価格が推移することを目指しています。通貨単位は「LEO」です。 取引に手数料がかからないため、海外送金なども行いやすいという特徴があります。

LEOcoinの3つの特徴
  • 起業家のための仮想通貨
  • 金による裏付けのなされた仮想通貨
  • 基盤の強いコミュニティが構成されている

LEOcoinの歴史について紹介

LEOcoinとは2014年に作成された仮想通貨を指します。起業家はビジネスを立ち上げる際資金調達をするにあたって、既存の金融サービスでは困難が伴いました。実績がないため、なかなか資金の融資を受けられないなどの問題です。このような問題を克服するために、世界の共通通貨を目的として設計されました。

特に海外の取引先と金銭的な取引をする場合には、手数料が少なからず発生します。このコストによってグローバルなビジネスチャンスをみすみす取り逃がすという事態も起こるでしょう。しかしLEOcoinによるトランザクションにすれば、銀行手数料や振込手数料は発生しません。効率的なビジネスを進められるわけです。

価値の裏付けを行うことで存在感を確立

仮想通貨といわれると、どうしても得体のしれないイメージがあって、信頼性に問題があると感じる人もいるでしょう。しかしLEOcoinの場合、金による裏付けを行っているところが従来の仮想通貨とは大きく異なるところです。

金という安定した価値を持った商品に価値が担保されているので、メディアの一方的な報道や政治的な影響を受けることなく、一定の価格を維持しやすいところも特徴的です。金は昨今安定した金融商品ということで上昇トレンドが続いています。それに伴って、LEOcoinの価格上昇も期待できるのではないかと一部仮想通貨投資家の間で注目を集めています。ほかの仮想通貨とは決定的に異なる安心感があるところも注目ポイントです。

LEOcoinの価格推移

LEOcoin (LEO) price, charts, market cap, and other metrics | CoinMarketCap

取引開始は2015年です。取引開始後から、あまり大きな高騰や暴落なく推移しています。仮想通貨全体の傾向として、2017年から2018年初頭に大きく値を上げることが多いですが、LEOcoinはそのような傾向が見られません。金に裏付けている価格変動という状態が効いているのでしょうか。

LEOcoinの主な取引所

将来性の期待できる仮想通貨

仮想通貨の将来性を占うにあたって、コミュニティの強度は重視されます。コミュニティが整備されていると、大きな暴落が起こりにくくなり、値動きの安定する傾向があるからです。

LEOcoinの場合、起業家を中心とした大規模ネットワークがすでに整備されています。安定した支持基盤を持っているので、今後縮小することなく着実に市場拡大する可能性は高いです。

ただ、金に裏付けされている以外の機能は他の仮想通貨と同様なので、機能の差別化が求められる状態です。

LEOcoinの将来性を占う意味でもう一つ、使いやすいところも魅力です。LEOcoinではステークシステムの総合的な証明に基づいた運用を行っています。その結果、専門的知識やスキルがなくても簡単にアクセスできます。ほかの仮想通貨と比較して使いやすい設計になっているため、業界でも今後注目の存在になるでしょう。

公式SNSの更新も活発です。情報収集に役立つでしょう。