ブロックチェーン専業の株式会社Layer XがICON財団と公式パートナーシップを結ぶ




 

GunosyとAnyPayの合弁会社でブロックチェーン技術に特化する株式会社Layer Xが、2018年12月、韓国のブロックチェーン業界で大きな実績を誇るICON財団と公式パートナーシップを締結したことを発表しました。

Layer XとICON財団について

・GunosyとAnyPayの合弁会社、株式会社Layer X
・韓国最大のブロックチェーンプラットフォームを展開するICON財団
・Layer XとICON財団がパートナーシップを結ぶ

GunosyとAnyPayの合弁会社、株式会社Layer X

株式会社Layer Xは、「グノシー」の運営で知られる株式会社Gunosy と、オンライン決済サービスなどに力を入れるフィンテックのAnyPay株式会社との合弁会社です。2018年8月に設立されました。ブロックチェーン技術にコミットした会社で、企業向けのブロックチェーン技術の導入やコンサルティングサービス、また、スマートコントラクトの開発などを行っています。

韓国最大のブロックチェーンプラットフォームを展開するICON財団

ICON財団は、韓国最大のブロックチェーンプラットフォームを展開するスイスの財団で、2017年に設立されました。韓国のブロックチェーン企業「theloop」が開発したブロックチェーン「loopchain」を基盤に、一般向けにさまざまなビジネスモデルやサービスを提供しています。2017年9月にICOを実施し、時価総額は約1800億円にも上ると言われています。また、2018年5月には、LINE Plus Corporationと「Unchain」を共同設立しました。

Layer XとICON財団がパートナーシップを結ぶ

そんな株式会社Layer XとICON財団が、2018年12月18日、公式パートナーシップを締結したことを発表しました。このパートナーシップを通じて、日本の開発者コミュニティを活性化させるとともに、ICONネットワークのセキュリティを向上させることを目指します。具体的には、ICONが支援する「ICXステーション」というグローバルアクセラレータプログラムにLayerXがパートナーとして参画、ICONのプラットフォームと分散型アプリケーションのセキュリティ監査をLayerXが提供、また、ハッカソンやカンファレンスの開催などを進めていく予定です。Layer Xは、すでに日本マイクロソフトとの協業やシンガポールのZilliqaとのパートナーシップも開始しているように、これからもグローバルにブロックチェーン企業との結び付きを強めていくと予想されます。