イスラエル規制当局(Isurael Security Agency:ISA)がブロックチェーンを積極活用




この記事のポイント
・イスラエル証券庁の取り組み
・ブロックチェーンの安全性の活用
・イスラエルによるリーダーシップ

仮想通貨先進国としても名高いイスラエルではブロックチェーン技術を利用した新たな動きがみられています。ブロックチェーン技術を活用することで、情報のやり取りが暗号化されるだけでなく、すべての取引が電子的に記録されるため、偽造される可能性が極めて小さくなるといった利点があります。このほどイスラエル証券庁はブロックチェーン技術を利用したセキュリティの向上を目指す取り組みをはじめたことが明らかになりました。

イスラエル証券庁が目指すもの

イスラエル証券庁(Isurael Security Agency:ISA)は情報提供を行う際、ブロックチェーン技術の一つであるYaelを活用することを発表しました。Yealにより実現するのは安全な情報の共有です。ブロックチェーンの暗号化技術を積極的に活用することにより、情報の共有を安全かつ瞬時に行うことができるようになります。ハッキングなどの問題が深刻化する中、イスラエルの取り組みは、ブロックチェーンの安全性を保障するものとなっています。

電子書類を安全に保管

電子書類を安全に保管し、それぞれに記録を付けるシステムの構築も明らかになりました。規制当局はMagnaと呼ばれるシステムを開発しました。MagnaはYeal同様ブロックチェーンの暗号化技術を活用したシステムで、電子書類を補完するために用いられるシステムです。電子書類の暗号化や保存にはどうしても時間がかかります。これを短時間で済ませられるのがMagnaです。

なぜブロックチェーンを活用するのか

イスラエル規制当局がブロックチェーン技術を積極的に活用する理由は何でしょうか。答えはとても簡単です。それはブロックチェーンが安全かつ秘匿性が高いからです。もちろんビットコインのようにコンセンサスアルゴリズムに被攻撃脆弱性があるというのも事実ですが、これもセキュリティ機能を実装することで外部からの攻撃を抑えることができています。さらには後発のコンセンサスアルゴリズムで実証されているように、安全性をさらに高めた技術も活用されています。

ブロックチェーンは単なる投機目的の対象ではありません。イスラエルの国家的な取り組みは、今後の仮想通貨界に大きな影響を与えることは間違いありません。将来、イスラエルの方法が他の国でも利用されるようになる時、仮想通貨の価値はさらに高まることが予想されています。仮想通貨バブルの崩壊が叫ばれる昨今、このような取り組みは悲観的な要素を提供することはなく、むしろポジティブな内容になっているのです。