ブロックチェーン教育を施すInstitute of Blockchain(IBS)




仮想通貨やブロックチェーンは、以前は投資家でなければ知る必要のないものと考えられていましたが、現在では多くの企業がブロックチェーン技術を利用しており、エンジニアとして働きたいと願う人もブロックチェーンについて学ばなければならない時代になってきました。そこで世界で誕生しているのがブロックチェーンについて教える学校です。シンガポールにあるInstitute of Blockchain(IBS)はその一つです。

この記事のポイント

・Institute of Blockchain(IBS)は学生に対してブロックチェーンの教育を施す
・Institute of Blockchain(IBS)はネムと提携し電子証明書を発行
・Institute of Blockchain(IBS)のような機関は今後も必要

Institute of Blockchain(IBS)は学生に対してブロックチェーンの教育を施す

Institute of Blockchain(IBS)は2018年1月に設立された非常に新しい教育機関で、ブロックチェーン教育を施すとともに研究も行っています。ブロックチェーンだけに注目しているのではなく、シンガポール国内の大学や教育コンサルタントなどとも提携し、きちんとした教育機関としての活動を行っています。すでに1,000人ほどの学生がブロックチェーンについての教育を受けました。

Institute of Blockchain(IBS)はネムと提携し電子証明書を発行

Institute of Blockchain(IBS)は現在仮想通貨ネムとの連携を強めています。ネムは世界的にも信頼性の高いブロックチェーン技術を用いており、Institute of Blockchain(IBS)としては学生たちにこうしたブロックチェーンに日々関わることによって高い関心を呼び起こし技術を獲得してほしいと考えているようです。さらにネムと提携し電子証明書を発行することによって、ただ単に電子化された証明書を渡すだけでなく、ブロックチェーン技術による改ざんがほぼ不可能な信頼性の高いものを学生に渡すこともしています。

Institute of Blockchain(IBS)のような機関は今後も必要

Institute of Blockchain(IBS)のようにブロックチェーン技術に特化した教育機関はまだそれほど多くありません。しかし、仮想通貨の取引は今後も増加していく可能性が高く、ブロックチェーン技術もさまざまな分野に生かされていくことでしょう。今後はInstitute of Blockchain(IBS)のような教育機関を各国も設立することによって、自国の利益を守ることができるようになるのかもしれません