Hushはプライベートメッセンジャーを搭載したアルトコイン




(ハッシュ)は2016年11月にリリースされた「ZDASH」から名前変更をしたアルトコインで、メッセージ機能の中で利用される「HushList」をベースにしています。

Hushの特徴について

・プライベートメッセンジャーを搭載したアルトコイン
・ゼロ知識証明によるステルス取引が可能
・利便性の追求で評価の高い仮想通貨

プライベートメッセンジャーを搭載したアルトコイン

HushはHushList内で利用されるトークンで、最新のプライバシー保護技術であるzk-SNARKSを搭載しています。

プライベートメッセンジャーといって、個人情報の保護を強め、かつ好ましくないと判断されるコミュニティとの接触を回避する機能が備わっていて、特殊なアルゴリズムで暗号化したメーリングリストによる通信が可能になります。

また同時に50名の相手に送信できる機能や匿名やペンネームでのやり取りも行えます

ゼロ知識証明によるステルス取引が可能

Hushにはゼロキャッシュプロトコルが実装されていて、取引内容に関しての情報を第3者から秘匿にする機能が備わっています。これによってプライバシーの保護がより高まり、安心して利用できるアルトコインとなっています。

ちなみに取引承認のタイムラグは150秒と短めで、決済システムとしての利便性は確保されています。また取引承認システムは、ビットコインと同様にASICによるPoWを採用しています。マイニング報酬を得る事で、資産拡大のチャンスがあります。

利便性の追求で評価の高い仮想通貨

Hushが搭載しているカウンターパーティポートでは、公的・私的両方のイベート両方の通貨アセットができます

またHushのSwing walletはLinux・Windows・Mac・Webと全てのOSに対応していて利便性の良さが定評ですし、開発チームは新たな技術の導入に余念がありません。

2018年からWhite paper(白書)を発行していて、Hushにおける企画や構想の発表を行いつつ、具体的な技術・システムの導入を予告するようになりました。このように革新的な仮想通貨の特徴をもつHushは。今後も注目されていくことでしょう。

Hashが購入できる取引所とは?

Hush (HUSH) price, charts, market cap, and other metrics | CoinMarketCap

Hushは国内取引所では取り扱っていません。購入希望の人は海外取引所のCryptopia(クリプトピア)やTradeSatoshi(トレードサトシ)をご利用ください。