Hshareはどういう仮想通貨か?




Hshareとは?

仮想通貨は、多くの技術革新を経て新しいものが次々と誕生しています。「(エイチシェア)」は、現在開発中の仮想通貨ですが、革新的な仮想通貨であることから注目を集めています。今までの仮想通貨に採用されてきた技術を、惜しみなく投入している通貨です。通貨単位は「HSR」です。

Hshareの3つの特徴
  • 高い互換性
  • 多くの技術を投入
  • DAGを採用

高い互換性

Hshareは2017年に公開されたトークンです。トークンは、開発が終われば仮想通貨と交換できるものです。実際に市場に投入されるときには「Hcach(エイチキャッシュ)」となる予定です。

最大のメリットは様々な仮想通貨で採用されているシステムを盛り込んであるため、多くの仮想通貨と平等にやり取りできるというメリットがあります。通常、仮想通貨は同じシステムを持つ通貨同士でなければ交換が成り立ちません。そのデメリットを乗り越えた通貨です。

多くの技術を投入

仮想通貨はビットコインの登場以来、ビットコインの欠点を補ったり、長所を伸ばしたりしながら成長してきました。Hshareはそういった技術が惜しみなく投入されています。

たとえば近年、暗号技術で話題になった「ゼロ知識証明」です。通常のブロックチェーンでは、送金者アドレスと受信者アドレス、取引金額の3つの事項が記述されてしまうため、多額所有者の特定などが事実上可能でした。一方、ゼロ知識証明は、こういった情報を公開せずにトランザクションを処理するので、非常に匿名性が高いです

DAGを採用

Hshareは数多くの技術を投入していますが、処理スピードのアップのためにDAGを採用しています。DAGでは、ブロックチェーンへの書き込み量を少なくできるため、トランザクション処理の無駄がなくなり、承認速度が向上します。

DAGについてもっと詳しく
DAGとは、有向非巡回グラフと呼ばれるように、向きがあって巡回しないように取引が複数のチェーンに繋がれている形で取引を記録していきます。(略)
ブロックチェーンでは、ブロックをチェーンで一本につなぎ一方向につなぎ足すことによって、そのブロックにある複数の取引データを記録します。それに対し、DAGでは、1つの取引データを一方向に複数つなぐことによって取引を記録しています。DAGでは、ブロック内に取引データを収容する必要がないので、ブロック生成時間とブロックサイズが原因で送金が遅くなるという問題が改善されます。DAGではすべての通貨があらかじめ生産されていますので、マイニングという概念そのものがありません。
DAG通貨の種類とそれぞれの特徴について | CRYPTO TIMES [クリプトタイムズ]

Hshareの将来性

Hshare (HSR) price, charts, market cap, and other metrics | CoinMarketCap

取引開始は2017年です。取引開始直後は大きく値を上げ、その後2017年末に最高値を記録しました。

Hshareは開発中のトークンで、いずれ仮想通貨のHcashとの引き換えができるようになります。現在流通している仮想通貨に組み込まれている多くの技術を採用しており、また独自の偽造防止システムを搭載して、価値が安定した通貨となる可能性が大いにあると言われています。

日本国内の取引所での取り扱いはありませんので、海外のブローカーを利用しましょう。取り扱いのあるブローカーが少ない分、今後の市場拡大による価値の高騰を見込むこともできるでしょう。将来的には様々な仮想通貨の中心に位置して、互換性を活かした役割を果たすのではないかと期待されています

Hshareの主な取引所