企業と投資家をつなぐ仮想通貨であるHitCoin




HitCoinとは?

HitCoinとは、企業と投資家をつなぎ、大規模な決済にも使える仕組みを備えている仮想通貨です。安全性、安全性、スピーディな取引を実現している点が特徴的です。

HitCoinの3つの特徴
  • ビットコインを超える処理スピード・安全性を有する
  • スピーディなトランザクションが可能
  • 大企業の利用しやすい仮想通貨

X11 PoS/PoSアルゴリズムを採用した仮想通貨

HitCoinは2016年2月に取引開始された仮想通貨で、そもそもは企業と投資家をつなぐ架け橋の役割として開発されました。ネットで検索すると、ビットコインがヒットしてしまうことが多々あります。名称がビットコインと似ているので混同する人もいるかもしれませんが、両者は全く異なる仮想通貨です。

HitCoinはX11 PoS/PoWアルゴリズムを採用しています。ちなみにビットコインはsha-256アルゴリズムを使用しています。このアルゴリズムの場合、マイニングの不正やマイニングに特化した機材であるASICによってコインの流通が大きな影響を受けるなどのリスクがありました。一方HitCoinのX11 PoS/PoWの場合、11種類のハッシュ関数を使って通貨のやり取りに関するデータを暗号化しています。このため、ビットコインのような不正が起こりにくい仕組みになっているのが特色です。さらにマイニングするにあたって大掛かりな設備を準備する必要がありませんので、消費電力を抑制することができます。

ビットコインの10倍の処理速度を有する

ビットコインは仮想通貨の中でも時価総額はトップです。運用している投資家も多いですが、流通量が増えたことでトランザクションの処理が滞りがちになっているのがデメリットといわれています。ブロック生成速度には10分くらいかかります。

一方HitCoinの場合、ブロック生成サイクルはおよそ1分と1/10です。このため送金や決済をする場合でも、ほとんどリアルタイムで情報処理できるため、トランザクションをする際にストレスを感じることはまずないでしょう。

ビットコインのフォローアップに活用される可能性も

ビットコインはただの資産運用だけでなく、実際の通貨としても使われています。特にeコマースの支払いに主に使われています。このような少額のやり取りでは広く使われつつありますが、大企業のような大規模な資金のやり取りにはなかなか対応できていないのが現状です。

このビットコインが苦手としている部分をフォローできる可能性を持った仮想通貨が、HitCoinです。消費者同士だけでなく、企業と企業・企業と投資家の資金移動を担うことも期待されています。

HitCoinの将来性

HitCoin (HTC) price, charts, market cap, and other metrics | CoinMarketCap

取引開始は2016年です。取引開始時から大きく値が動き、2016年後半まで続きました。2017年前半は低価格になり推移をしていましたが、仮想通貨全体の盛り上がりと共に2017年後半から再度価格が高騰しました。2018年初頭にかけて高値を記録し、現在は当時より下降傾向ではありますが、比較的高値のまま推移を続けています。

ビットコインの弱点を克服するために機能面を充実させている仮想通貨は多く存在しますが、それらの中でも差別化出来ていない仮想通貨は衰退していく傾向にあります。HitCoinは、企業と投資家間の資金移動の役割を担うという目的を持っているため、それらを武器にしていくことができれば成長の可能性はあるかもしれません。しかし、現在公式サイトに情報はなくSNSでの投稿も止まったままです。基本情報や最新情報を入手することが困難ですので、取引には注意が必要です。

HitCoinの主な取引所
取引可能な取引所の情報はありません。