GrinScanが解析するオープンな開発環境の仮想通貨Grin




GrinScanは、2019年1月15日にローンチされたGrinを解析するためのサイトです。ブロック生成の難易度、マイニングレート、トランザクションなどのデータを掲載しています。

GrinScanが解析するGrinとは

・新しいプロトコルを実装
・誰もがマイニングに参加できる
・将来性の高い仮想通貨

新しいプロトコルを実装

Grinは仮想通貨ですが、Bitcoinのように金額やアドレスはありません。トランザクションの金額が記載されないことで、記録に要するデータ量が従来の仮想通貨より格段に抑えられるのが大きな特徴です。Grinの開発者は匿名であり、開発はGrinのコミュニティに参加する世界中の開発者によってオープンな開発環境で行われます。また、Grinの大きな特徴に、「MimbleWimble」というプロトコルを実装していることが挙げられます。MimbleWimbleは、パブリックアドレスを用いないのがユニークな点です。スケーラビリティと高い匿名性を備えたトランザクション機能を有しています。なお、Grinでは管理者を置かずに透明性の高い運営を行い、ICOや投資ラウンドなどで外部の力に頼らないため、すべてユーザーの寄付によって運営されているのも特徴です。

誰もがマイニングに参加できる

Grinは、すべての人がブロックチェーンを活用して取引できることを目指して開発されました。国籍やスキルの有無に関係なく、誰もが使用できる仮想通貨にすることがその開発目的です。マイニングにも可能な限り多くの人に供給が行き届くよう、最初の2年はデュアルProof of Workシステムを採用。ハッシュアルゴリズムは一つは汎用ハードウェア、もう一つはASICsを受け入れるという体制で、大規模マイナー以外の個人マイナーでも参加しやすくなっています。GrinScanの解析によると、Grinのマイニングは最初の1週間ほどで450%の成長を見せており、2.5ドルでスタートした価格は10ドルにまで上昇しました。

将来性の高い仮想通貨

Grinはこれまでで最も公平な仮想通貨と期待されています。Bitcoinが開発されたのも、世界中の誰もが簡単に送金できるようにする世界を構築することが目的でしたが、今では価格変動や手数料の高騰もあって、送金手段としては十分とは言い難い状況です。Grinには、高い匿名性とスケーラビリティ、安定した価格、それに完全な非中央集権型という仮想通貨に求められるすべての要素があります。今後の将来性が大いに期待される仮想通貨です。