世界の金産業をブロックチェーン技術でつなげることを目的に設立されたGoldlinks.one




 

Goldlinks.oneは、2018年7月に設立されたアジアの複数の企業からなるブロックチェーン連盟です。金(ゴールド)の価格にペッグされる「GGC(グローバルゴールドキャッシュ)」というステーブルコインと、「GGC」の流通量に伴って価格が上がる「GGT(グローバルゴールドトークン)」というトークンを発行しています。2019年、香港証券市場上場会社との共同で仮想通貨の投資ファンドを設立し、仮想通貨ETF発行の申請を香港証券先物委員会(SFC)に行いました。

Goldlinksについて

・世界の金産業をブロックチェーン技術でつなげる
・国際貿易の決済に使用できるGGC
・仮想通貨ETFの発行を申請

世界の金産業をブロックチェーン技術でつなげる

Goldlinksは、金と最新のデジタルテクノロジーを用いて、透明性と信頼性のある公平で普遍的な取引プラットフォームを作ることを目的に、アジアの企業たちが連盟して設立されました。ブロックチェーン技術を用いて世界の金産業の生産者、消費者、投資家をつなげ、グルーバルなブロックチェーンコミュニティの構築を目指しています。その手段となるのが、金との等価交換が可能なデジタル通貨「GGC(グローバル・ゴールド・キャッシュ)」です。

国際貿易の決済に使用できるGGC

GGCは、国際貿易の決済に用いられる世界初のデジタル通貨です。これが普及することによって、国際貿易の成長が促進されるとともに、金ベースの貿易決済では大きな利益がもたらされることになります。金ベースの貿易決済は、伝統的な決済の方法と比べて効率が良いため、高い費用対効果が望めるのが特徴です。また、GGCは追跡可能で改竄不可能なブロックチェーン技術によって運用されるため、詐欺のリスクが大幅に軽減し、資金の安全性が高められるというメリットもあります。

仮想通貨ETFの発行を申請

2019年1月、Goldlinksが、資産管理のライセンスを持つ香港証券市場上場会社と仮想通貨の投資ファンドを設立し、香港証券先物委員会(SFC)に仮想通貨ETFの発行を申請したことが韓国のブロックチェーンメディアによって報じられました。SFCは、2018年11月、仮想通貨の健全な規制と業界内での合法的な運用を促進するために、仮想通貨の新たな基準を設けたことを発表したばかりです。アメリカではこれまで何度となく仮想通貨ETFの申請が却下されていますが、香港でETFが承認されることになると、世界の注目は一気にアジアに向けられることになるでしょう。