Githubの開発環境が増加傾向に




・外部のホスティングサービスを依頼する方法が主流に
・社員採用でアカウントをチェックする企業は多い
・連携できるツールが多い

Githubを導入する企業は増加している

Githubを開発環境として導入する企業は増えてきています。プライベートリポジトリでソースコードの管理を行って、ブランチをオープンソースのような形で作成できます。このように業務の中でGithubを使い案件を進める企業が増えたことによって、オープンソースプロジェクトの多くが欠かせないものとして、その存在感が高まっています。

外部ホスティングサービスへの信頼性がアップ

Githubが開発環境として使われるようになった背景には、外部のホスティングサービスにソースコードを預けるのが当たり前になったことがあるでしょう。これまでは外部に委託すると、セキュリティ的に大丈夫かという懸念がありました。このため、自社運用しているところも多かったのですがいろいろな問題が出てきています。例えばディスクが壊れてしまって、システムが長時間停止してしまった、サーバーの更新に失敗したという話は聞きます。

またシステムを運用するためには専門知識やスキルが必要で、だれでも担当できる仕事ではないです。もし運用担当者が離職してしまうと後継者が見つからないといった問題も起こりえます。このような面倒なトラブルに悩まされずに済むとして、Githubの導入を希望する企業が増加しているわけです。

個人のプロフィールを掲載できる

Githubでは個人プロフィールを掲載でき、関わっているプロジェクトでどの程度スターを獲得したかの表示されます。このようなSNS情報を人材採用に活用している企業も出てきています実際プログラマーを採用するにあたって、Githubアカウントをチェックする会社も増加傾向です。転職を有利にするためには、有名プロジェクトに参加したことをアカウントの中でアピールすることも大事になるでしょう。

管理機能は弱いけれども…

Githubはプロジェクト管理機能は十分とは言えません。実際ドキュメントの作成でGithub Wikiを使っているのは少数派です。しかしGithubと連携できるツールがたくさんありますから、その部分に利便性を見出している人も多いです。チャットツールやテキストエディターとの連携を進めているので、管理機能の足りない部分をこの関連ツールで穴埋めすることも可能です。