Gapcoinの特徴や価格は?基礎情報をまとめて解説




Gapcoinとはどんな仮想通貨?

Gapcoinとは2014年の11月に公開された仮想通貨で、世界で最も有名な仮想通貨であるビットコインから派生して開発された通貨でもあります。

現在流通しているコインの量は約1370万枚、価格は2018年時点で約1.1円となり、時価総額は約1500万円となっています。

Gapcoinの特徴

・仮想通貨の世界では長い歴史がある
・プレセールやプレマインが行われていない
・オープンソースのソフトウェアである

仮想通貨の世界では長い歴史がある

Gapcoinの1つ目の特徴は、仮想通貨の世界においては非常に長い歴史を誇っている仮想通貨の1つであることです。

上記の通り、世界に公開されたのは2014年11月になるのですが、この時期に発行された仮想通貨は今と比べると非常に少なく、さらにその時代から2018年現在まで残り続けている仮想通貨はより少ないのです。

そしてこのGapcoinはその少ない仮想通貨の中の1つであり、このような長い実績があるだけでもGapcoinは信頼度の高い仮想通貨であると言えます。

プレセールやプレマインが行われていない

最近発行されている仮想通貨ではICOと呼ばれるプレセールやプレマインが行われることがほとんどです。

簡単に説明するとICOとは仮想通貨が実際に発行する前の時点で、個人投資家などに仮想通貨を販売して融資を受けるような仕組みのことです。このICOを行うと個人投資家たちは最も安い価格で仮想通貨を手にすることができ、それによって将来的に大きな利益を得られるチャンスを手にすることができるメリットがあります。

また同時に企業側にとっても早めに融資を得られるというようなメリットがあります。しかし、このGapcoinでは仮想通貨を早く手にした人たちが大きな利益を得ることなどを目的としないことからプレセールなどを実施しなかったのです。これもまた大きな特徴だと言えます。

オープンソースのソフトウェアである

Gapcoin (GAP) price, charts, market cap, and other metrics | CoinMarketCap

Gapcoinはオープンソースソフトウェアであるという特徴もあります。

オープンソースのソフトウェアとは文字通りどのような人たちでも自由にシステムの中身を閲覧したり、システムを改善できるようにオープンな状況にしているソフトウエアのことを指します。

この特徴があることで、Gapcoinではバグなどがあってもすぐに改善されたり、改ざんなどの悪意のあることが起こる可能性を抑えることに成功しているのです。