Frankoは未来をもたらす仮想通貨




Frankoとは?

仮想通貨は日々進化しており、新たな機能が付帯されていくことも珍しくありません。古くからある仮想通貨でも開発陣が日々努力して多くの利用者を獲得している仮想通貨もあります。その一つが「」です。

Frankoとは、ブロックチェーンを活用して信頼性のある取引を目指している仮想通貨です。セキュリティが強固で、取引情報は永久的に残る点が特徴です。

Frankoの3つの特徴
  • Frankoはオープンなブロックチェーンを採用
  • 分散型であるためハッキングに強い
  • 取引情報を永遠に保てる

Frankoはオープンなブロックチェーンを採用

Frankoのブロックチェーンはオープンなものです。というのも、Frankoのブロックチェーンがオープンな台帳の役割を果たしているからです。

銀行などでも自分の通帳を見ることで取引の有無やどんな取引が行われたかを確認することができますが、それと同様Frankoのブロックチェーンでも必要な情報を入力しさえすれば、ウォレットにどのくらいの仮想通貨が入っているのかといった情報を手に入れることができます。

世界中の誰でもブロックチェーンを利用しての取引が可能であるため、Frankoのことを単なる仮想通貨ではなく、未来をもたらす仮想通貨であると考える人もいるほどです。

分散型であるためハッキングに強い

仮想通貨の中には中央集権型で管理されているものと、分散型で多くユーザーによって管理されているものとがあります。多くの仮想通貨で採用されている中央集権型で管理すると、管理しやすい一方でその部分がハッキングされると仮想通貨自体が乗っ取られてしまう、という危険性があります。

しかしFrankoは分散型であるため、どこかがハッキングを受けても他の部分は守られます。オープンなブロックチェーンが分散型で管理されているため、ユーザーの希望によってはその情報を実際に入手することも理論上は可能です。透明性の高い仮想通貨という点では他の仮想通貨と一線を画していると言えるでしょう。

取引情報を永遠に保てる

Frankoのブロックチェーンは安全性が高く、事実上永久に取引情報を保持することができます

これからもずっと仮想通貨による取引は続いていくことが予想されますから、かなり昔の取引情報などもデータとして残しておくことは非常に重要です。その点でFrankoは信頼性の高い仮想通貨と言えます。簡単にFrankoでの支払いができる体制と共に、二重の支払いを防ぐためのシステムも構築されているため、取引自体も安全に安心して行うことができます。

Frankoの将来性

Franko (FRK) price, charts, market cap, and other metrics | CoinMarketCap

取引開始は2013年と歴史のある仮想通貨です。取引開始から2014年頃まで大きなボラリティで推移をしていましたが、その後大きな価格の変化はありませんでした。仮想通貨全体が盛り上がりを見せた2017年後半から2018年初頭頃に価格が上昇したこともありましたが、取引開始後の大きなボラリティと比較すると大きな変化はありません。2018年4月6日以降は取引が中止されており、取引情報を確認出来ません。

公式サイトには、ホワイトペーパーや基本情報について記載がありますが、TwitterやFacebookなどのSNSで公式情報を確認することは出来ませんでした。bitcointalkでは現在も議論が続いているため、状況を知りたい方はbitcointalkを確認してみるとよいでしょう。今後、取引が再開するかどうかにも注目です。

Frankoの主な取引所
取引可能な取引所情報はありません